童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第48回ドルチェ 川崎校「〇り」

投稿日:

「いつかは彼女に入らなければならない」

 

なんとなく、そんな気がしていたんだ。

 

 

 

 

きっかけは“ミスヘブン総選挙2018”だった。

 

ミスヘブン総選挙というのは毎年夏に行われる
風俗嬢の“人気No.1”を決める選挙のことだ。

 

以前からその存在は知っていたが
僕は投票はおろか、結果すら見たことがなかった。

 

 

そんなある日、良嬢を探し出すために
ドルチェ川崎校に在籍している女の子の写メ日記を
パラパラと読んでいると、1人の女の子の日記に

 

「ミスヘブン神奈川エリア U-25部門 第1位
ありがとうございます!」

 

といった内容の記事が書かれていた。

 

 

 

「へぇ、そんな女の子が川崎のドルチェにはいるんだー
名前は・・・えーっと・・・“〇り”さん・・・?」

 

 

「あれ?なんか聞いたことある名前だなぁ」

 

そう思った僕は、ネットで彼女のことを調べてみた。

 

 

 

「あ!ドルチェで予約困難だって言われてる女の子だ!」

 

 

僕はこの時点ではまだドルチェ川崎校を利用したことが
一度もなかったので、〇りさんに今すぐ入ろうとは
思わなかったんだけど、これがきっかけとなり
僕は彼女の存在を認識するようになった。

 

 

 

 

時は経ち、10月中旬。

 

僕の頭の中で
“ミスヘブン神奈川エリア U-25部門 第1位”
という謳い文句がグルグルと無限ループしていた。

 

 

なぜなのかはわからない。

 

「僕は〇りさんに入らなければならない」

 

そのように強く思ったのを今でもはっきりと覚えている。

 

 

 

だが、〇りさんはドルチェ川崎校に在籍している嬢の中でも
とりわけ入るのが困難であることが知られており
予約は一筋縄ではいかない様子であった。

 

 

僕が勤めている会社は土日祝日が休みであるので
土日の予約を狙ってみたのだが、そもそも姫予約と
本指名予約により、新規では電話をするチャンスすら
与えられていなかったのである。

 

 

 

「こうなったら平日に狙いを絞るしかない」

 

そのように考えた僕は1つの作戦を実行に移す決意を固めた。

 

 

 

作戦名は“オペレーション・アルタイル(彦星作戦)”

 

 

作戦の概要はこうだ。

 

平日のうち、比較的空き枠が多くある日に狙いを絞り
前日の16時頃に仕事を抜け出して電話をかける。
運よく予約できたら翌日の仕事をサボる。

 

なんと完璧な作戦だろうか。

 

 

 

(ワクワクしてきたよ!)

 

僕は心の中でそう思った。

 

 

 

 

 

作戦実行当日。

 

僕の会社では毎日15時40分頃から16時過ぎまで
重要な打ち合わせが行われる。

 

予約の電話をするためには、なんとかして
16時前に一時的に打ち合わせを抜け出さなければならない。

 

 

僕は上司にこう言った。

 

「ちょっとお腹の調子が良くないみたいなんです(;´・ω・`)
トイレに行ってきていいですか?」

 

 

許可をもらった僕は急いでトイレの個室に駆け込み
「117番(時報)」を聞きながらストップウォッチをセットした。

 

勝負はわずか数分で決まる。

 

16時から3分以上経過すれば、間違いなく完売してしまうだろう。
だから、打ち合わせを抜け出すことで得られた
わずかな時間さえあれば、勝負のためには充分なのである。

 

 

 

そして時刻は16時00分ちょうど。

 

 

満を持してドルチェ川崎校に電話をかけたが
無情にも電話は繋がらない。
何度もリダイヤルを繰り返す。

 

 

(ダメか・・・)

 

そう思った瞬間、スマホの画面に
“呼出中”の文字が表示された。

 

 

「!!」

 

 

息をのんで電話が繋がるのを待つ僕。

 

 

 

「はい、ドルチェ川崎校です」

 

 

「あ、もしもし、ちょっとお聞きしたいのですが
明日の“〇り”さんは空きありますでしょうか?」

 

 

 

「・・・はい。昼の〇時から1枠だけご案内可能です」

 

 

 

 

僕は勝負に勝ったのだ。

 

 

すぐに予約を確定させ、急いで仕事に戻った。

 

 

 

 

 

予約当日の朝。

 

 

 

「あ、もしもし・・・DJです。。
実は今、結構高い熱が出てしまっていまして・・・はい。
今日は家で安静にしておきたいと思います。。
本当にすみません・・・ゴホッゴホッ・・・(´・ω・`) 」

 

 

 

(くっくっく・・・まさか僕が仕事をサボって
お風呂屋さんに行くなんて誰が想像できようか)

 

 

僕は職場に電話し終えると、しばらく仮眠をとり
川崎へと向かう支度をはじめた。

 

 

 

 

平日の昼間にも関わらず、待合室は混雑していた。

 

座席はほぼ全て埋まっている。

 

 

「“A”の札のお客様」

 

店員さんに呼ばれてカーテンの前に案内された。

 

注意事項の説明を聞き、
不意にカーテンが開かれる。

 

 

 

 

その瞬間、僕の頭の中はフリーズした。

 

なぜなら、彼女は僕が想定していた女の子とは
かなり異なっていたからだ。

 

 

 

まず第一に〇りさんは僕の想像よりも
ふた回りほど可愛かった。

 

 

思わず彼女に向かって
「思ってたよりも可愛い・・・」
と言ってしまったほどだ。

 

 

 

第二に彼女は清楚系とは程遠い女の子であった。

 

 

僕は嬢の写メ日記を読むことで、ある程度
「どのようなタイプの女の子なのか」を想定することができる。

 

 

実際、これまで入ったほとんどの嬢は僕の想像と
比較的近いタイプの女の子であったわけで、
〇りさんについても

 

「おそらく清楚系っぽいなぁ」と判断していた。

 

 

 

ところが、実際の彼女はとんでもなくテンションが高く
見た目もおとなしい感じではなかった。

 

 

「お待たせしちゃってほんとにごめんねー!!
やっと会えて嬉しい!!」

 

彼女は大きな声でそう言うと、
僕に抱きついて軽いキスをしてきた。

 

 

 

いまだに状況を受け入れることができずに
若干戸惑う僕。

 

僕は〇りさんに手を引っ張られて
階段を上り、いくつかある部屋の1つに入った。

 

 

 

部屋に入ると、すぐに服を脱がせてくれる。
僕も彼女のブラをはずした。

 

 

全裸になった彼女の身体に目が釘付けになる。

 

〇りさんのおっ〇いは大きめであり、なおかつ身体は細い。

 

特に身体のラインが非常に綺麗だと感じた。

 

 

 

お風呂場に移動すると、ボディソープを泡立てつつトーク。

 

彼女は会話がうまく、話をしていてとても楽しい。
話の膨らませ方も見事である。

 

また、会話ばかりしているのではなく、たとえば歯磨きの際には
“口ゆすぎ用の水のコップ” “イソジンのコップ”
“リステリンのコップ”などを予め並べておくなど手際もよい。

 

 

 

僕は言った。

 

「〇りさんってすっごい身体細いね」

 

 

 

すると彼女はこう答えた。

 

「えーそんなことないよ!最近食べ過ぎて
かなりムッチリ体型になっちゃったんだから!」

 

 

 

「うーん、そうかな・・・?」

 

僕は彼女の身体を“凝視”して分析を行った。

 

 

(胸は大きいし、身体も細い。
スタイルの点数は・・・5.0点だ。
全然太ってる感じじゃない。
どこがムッチリなんだろうか・・・?)

 

 

 

すると彼女は突然言った。

 

「こっち見ないで変態!!」

 

 

 

「だって、前より太ったって言うもんだから気になるよ・・・」

 

僕は再び、彼女の身体を凝視した。

 

 

 

「変態!」「変態!!」

 

 

 

誤解のないように書いておくが、僕は決して
変態ではない。

 

“変態”ではなく“変態紳士”である。

 

 

 

浴槽につかっていると、
DKをしながら手でおち〇ちんを刺激してくる〇りさん。

 

僕のアソコが大きくなると潜望鏡開始。

 

潜望鏡を終えると、豊満なおっ〇いを
おち〇ちんに擦りつけてくる技(パ〇ズリみたいな感じ)でフィニッシュ。
(注:イッたわけではありません)

 

 

体を拭く際にも、抱きつきながら拭いてくれた。

 

 

 

ベッドに移動し、制服を着てもらう。

 

 

まずは僕が攻めることになり、彼女にキスをしようとしたのだが

 

「なんで笑ってんの!エッチする気ないでしょ!!」と彼女。

 

 

なんとなく真剣な雰囲気になると
逆に笑ってしまうのだ。

 

 

 

気を取り直して、まずはDK。

 

結構濃厚なDKを行いながら、セーラー服の上を脱がし
おっ〇いを舐める。

 

 

かなり優しく丁寧に乳首を舐めていると
(あえて書かないが)彼女の身体の一部に
微妙な変化が現れていることに気づいた。

 

 

そこで、乳首を舐めつつ、右手で彼女のおま〇こを
触ってみると、アソコはかなり濡れている。

 

 

さらに、指を入れてみると
大きな喘ぎ声をあげて自ら腰を動かしてきた。

 

彼女の中に入っている僕の指は何度も何度も締め付けられる。

 

 

 

(すごい熱い・・・)

 

〇りさんの膣内の温度は先ほどに比べて
かなり上昇している。

 

また、僕の指はものすごい量の愛液でびちゃびちゃに
なっていた。

 

 

 

抱き合ってから攻守交替。

 

彼女の攻めはDK→乳首舐め→玉舐め→フェ〇チオ
といった典型的な流れなんだけど、舐め方がうまい。

 

たとえばフェ〇チオに関しては単調に舐めるのではなく
緩急をつけたり、舐める位置をずらしたり
舌をくるくる回しながら舐める、いわゆるローリングフェ〇を
行なってくるなどの工夫が見られた。

 

 

 

スキンを装着し、まずは騎〇位。

 

 

「ゆっくりいれるからね」

 

そう言うと、彼女は僕のおち〇ちんを握って
焦らせるように、少しずつ挿入してきた。

 

 

DKを行いつつ、両手を僕の頬にあてて
ピストン運動を繰り返してくる〇りさん。

 

その動きの速さが増してくると同時に
DKも段々と激しくなってきた。

 

彼女の舌が僕の口の中にすごい勢いで侵入してくる。

 

 

 

イキそうになってしまったので
体位を正〇位に変更。

 

超濃厚DKを行いつつ、抱き合いながら動いた。

 

より一層大きな声をあげる〇りさん。

 

 

 

体位を再び騎〇位に変更。

 

今度は僕の乳首を舐めたり、手で刺激しながら
高速激ピストンを繰り出してきた。

 

 

「パン!パン!パン!パン!」

 

部屋中に乾いた音が響き渡る。

 

 

さすがにこれには耐えきれず、フィニッシュ。

 

 

イッた後も、しばらく動きは止まらなかった。

 

最後に抱き合ってDKを行い、余韻を楽しむ。

 

 

 

いろいろ話をしながら、身体を再度洗ってもらい、
服を着て退出。

 

階段の下でキスをしてお別れ。

 

 

 

 

最後の最後まで手を振ってくれている〇りさんを見て
僕は思った。

 

 

(もう一度だけでいい。あと一度だけでいいから
彼女に入る機会がほしい)

 

 

 

京急川崎駅に向かって歩いている途中、
僕は心に決めた。

 

 

(オキニ隠しをしよう!)

 

 

 

ソープに通い始めて結構な月日が経ったが
そんなふうに思ったのは初めてだった。

 

 

 

この時、僕はすでに自分の気持ちに蓋をすることが
できなくなってしまっていたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

●女の子について

 

今回遊んだのはドルチェ川崎校の
「〇り」さん。

 

川崎ドルチェにおいて予約が困難であると
言われている嬢の3人目が彼女である。

 

 

それではまずはルックスについて。

 

カーテンが開かれた直後に〇りさんのお顔を見た僕は、
宣材写真から想像できる女の子よりもはるかに可愛いと感じた。

 

顔は小さく整っており、僕の好みのタイプである。

 

 

彼女の顔の系統についてであるが、
実はこれを説明するのは結構難しい。

 

というのも、〇りさんのルックスは
美人50%、可愛い50%といった感じなので
彼女を「美人」だと言う人と「可愛い」と言う人に
大きく分かれるはずだからである。

 

なお、僕自身は彼女を“美人可愛い系”だと感じた。

 

 

次にスタイル。

 

彼女のスタイルは文句のつけようがない。

 

身体は細く、なおかつロリ体型。

 

 

本人は少しムッチリしていると言っていたが
そんなことは全くなく、身体のラインが非常に美しい。

 

さらに胸は大きめであり、まさに完璧なスタイルであると言える。

 

 

 

●サービスについて

 

前述した通り、サービスレベルは全体的に非常に高い。

 

なお、冒頭の文章に「こっち見ないで変態!!」などと
僕に対して言っている記述があるが
〇りさんは決してドSな女の子ではない。

 

 

というのも、彼女はお客さんの本質をいち早く
見抜く力を持っており、お客さんに応じて最適な
接客を選択しているのである。

 

したがって、彼女が僕に対してSっぽく振る舞っていたのは
僕が隠していたMの部分を見抜いていたからであると考えられる。

 

 

 

●感想

 

〇りさんは“清楚系”とは真逆の性格であり
僕は事前にそれを見抜くことができなかった。

 

では、写メ日記の彼女は“偽りの彼女”なのかというと
決してそうではない。

 

 

よく言われることではあるが、
人間は場面に応じて、異なる自分を“演じて”いる。

 

家にいる時の自分、会社で働いている時の自分、
お風呂屋さんで遊んでいる時の自分・・・
それぞれ皆異なった性格をしているが
その全てが本当の自分なのである。

 

 

ただし、彼女に関して言えば
〇りさんは写メ日記に“意図的に”接客時とは別の自分を
登場させているように思える。

 

その理由は定かではないが、
いずれにしても普段と異なる自分を文中に登場させ
通常時の自分の性格を悟らせない、などといった芸当は
よほどの文章構成力がなければできるものではない。

 

よって彼女はかなり頭がいい人間であると
言えるだろう。

 

 

 

それともう1つ。

 

彼女を見ていると、美意識の高さに驚かされる。

 

元のルックスがかなり秀でている上に
さらなる美を追求する姿勢を常に持っている。

 

ここまで大きな向上心を持っている彼女には
普通の女の子では到底太刀打ちできないだろう。

 

 

また、これと関連するが、彼女の大きな特徴の1つに
“プロ意識の高さ”がある。

 

〇りさんが僕以外のお客さんに対してどのような
接客をしているのか、見たことがないのでわからないが
おそらく彼女はどんなお客さんに対しても
1人1人全力で接客を行っているはずである。

 

 

ソープでの仕事はルックスやスタイルさえ良ければ
人気が出て稼げる、などといった甘いものではない。

 

彼女はそれを十分に理解しているからこそ
圧倒的な人気嬢となっている。

 

 

 

僕はこのレポをアップしてしまった以上、
もう彼女に入ることは許されない。

 

悲しいけど仕方がないことだ。

 

 

だから、願わくば、この記事を読んで〇りさんに
興味を持った読者の方には僕の代わりに彼女に
入ってもらいたいと思う。

 

予約は難しいだろうけど、頑張ってほしい。

 

 

今後、ドルチェ川崎校に〇りさんほどの
女の子が現れるのか、僕にはわからない。
それほどすごい女の子だと僕は思う。

 

 

彼女もいずれは退店してしまうだろう。
だが、彼女が多くの人の心の中に残した
思い出はずっと消えることなく残るに違いない。

 

 

 

☆評価

 

総合満足度:5.0点/5点
ルックス:4.8点/5点
スタイル:5.0点/5点
サービス:5.0点/5点
嬢の印象:ルックス、スタイル、サービスの三拍子が揃った圧倒的超良嬢

-ソープ体験記


  1. 汐里 より:

    男性視点はこんな感じなんですね^^

    • DJ GACKTON より:

      >汐里さん

      そうですね、あくまで個人的な視点なので一般的な男性がこんな感じなのかはわかりませんが、女性の視点とは異なることは確かだと思います。

  2. 川崎の客 より:

    良嬢発掘するんですよね?
    予約困難な人気嬢に入って「発掘」って言えるんですかね?
    むしろ待機嬢に入って「この子は過小評価されてる!」って方が趣旨に合っているのでは?違いますか?

    「良嬢発掘」を大義名分に、(伏せ文字にしてあるとはいえ)嬢を個名で評価するという行為、また、発掘とは名ばかりで、結局は(人気嬢を含む)「こんな子と遊びました」的な内容だから、一部の板でアンチが増殖するんじゃないですか?
    ソープって多くの人が一時の夢を見るために行っていて、少なからずオキニがいたりするわけですよ。
    それを、訳知り顔のように、いかにも「自分は嬢には気を使ってます」、「時には嬢に迷惑かけちゃうかも」、みたいな態度で「評価」だとか言ってるんだもの。

    私は、とある嬢に聞きましたよ。
    風呂に来て「評価」とか言ってるブログやってる男がいて、かなり迷惑だと。
    そいつが入った嬢は、何かしらの理由で退店しちゃう子が多いらしい。
    自分に入られたら嫌だってね。

    あなたは自分の記事に酔ってるように感じられるので、ぜひとも流暢な反論を聞きたいですね。

    • DJ GACKTON より:

      >川崎の客さん

      >予約困難な人気嬢に入って「発掘」って言えるんですかね?

      言えないですね。川崎の客さんのおっしゃる通りです。

      >一部の板でアンチが増殖するんじゃないですか?

      そうなんですか!知らなかったです(;´・ω・`)(´・ω・`;)

      大変貴重なご意見ありがとうございました!
      いろいろ教えていただけて嬉しいです!(・∀・)

  3. 匿名 より:

    ↑↑↑

    Twitterでの発言見る限り、明らかにホスラブ見てますよねぇ?

    そうなんですか!知らなかったです(;´・ω・`)(´・ω・`;)

    よくそんな大嘘書けるよね

    あなたのアンチはヘタレが多いから、まだ来てないみたいだけど、そのうちここにも来ると思いますよ

    発言には気をつけた方が良いと思います

    • DJ GACKTON より:

      >匿名さん

      >あなたのアンチはヘタレが多いから、まだ来てないみたいだけど、そのうちここにも来ると思いますよ

      ほんとですか!・・・怖いです><

      >発言には気をつけた方が良いと思います

      ご忠告いただきありがとうございます!以後、発言には気を付けたいと思います(´・_・`)

      大変貴重なご意見ありがとうございました!(・∀・)

  4. 匿名 より:

    遠いので僕は川崎まで行けませんが、体験記としてお店に入れた様な気になれて読み物として凄く面白かったです。
    他の方のコメントに少しびっくりしましたが、僕は応援しています。これからも頑張ってください!

    • DJ GACKTON より:

      >匿名さん

      応援のメッセージありがとうございます!すごく嬉しいです!
      川崎にも良いお店はあるので、ぜひ機会があれば行ってみてください!

  5. 匿名 より:

    人気な女の子の秘訣を真似するには良いブログですね
    ランキングに載ってないような女の子のレポも期待してます

    • DJ GACKTON より:

      >匿名さん

      ありがとうございます!
      女の子にとっても参考になるようにブログを書いていきたいと思っています。
      おそらく今後はまだあまり知られていない女の子に入ることも多くなると思うのでお楽しみに!(・∀・)

comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第4回ハニーコレクション「ミ〇ナ」

僕たちは手をつないで添い寝していた。   雑音など聴こえない。   聴こえるのは お互いの心臓が鼓動する音だけ。   そこには 僕と彼女だけの世界があった。   …

ソープ体験記・第51回ドルチェ 川崎校「〇や」

『童貞が初めてソープランドに足を踏み入れるときにはすべてが目新しく見える。 女性とキスをするとどんな気分になるのか。挿入するというのはどのような感覚なのか。 しかし、いずれはこの目くるめく妖艶の群れす …

ソープ体験記・第63回ハニーカンパニー「ま〇か」

「きれいなおねえさんは、好きですか。」     これは1992年から2008年まで 松下電工(現:パナソニック)の女性向け美容家電の テレビCMで流れていたキャッチコピーである。 …

ソープ体験記・第89回ドルチェ 川崎校「〇ん」

これまで僕は何人もの女の子と お風呂屋さんで出逢ってきたが、“結婚したい”と 思ってしまうような女の子は、なかなかいなかった。   限られた時間内でのプレイが素晴らしくて もう一度遊びたくな …

ソープ体験記・第22回ハニーコレクション「〇イナ」

  “勝つか負けるかの戦いは観客から遠いところで行われている。 このライトの下で戦うずっと前に、ジムの中で、外の道路の上で すでに行われてきたんだ。” (モハメド・アリ)   &n …

Author:DJ GACKTON

格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。