童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第52回エレガンス学院「長〇」

投稿日:2019年2月7日 更新日:

「料理は心なんだよ。心をこめて作られた料理っていうものは
食べたらすぐにわかる。せっかく料理するなら食べた人に
喜んでもらえる方がいいでしょ。」

 

今は亡き、僕のおばあちゃんは
昔、よくこのように言っていた。

 

当時は「ふーん」といった感じで
何とも思わなかったんだけど、今ならわかる。

 

何事においても大事なのは
結局のところ“心”なのだ。

 

心をこめて行われたことは相手に伝わる。

 

 

それはソープにおいても同じだ。

 

今日の僕は温かい気持ちで
満ち溢れていた。

 

 

 

 

 

●女の子について

 

今回遊んだのはエレガンス学院の
「長〇」さん。

 

彼女はエレ学に在籍している中でも予約をするのが
難しいと言われている嬢であり、僕自身も何度かチャレンジして
ようやく今回、予約を確定することができたのだった。

 

 

それではまずはルックスについて。

 

長〇さんのルックスはキレカワ系であり、僕の好みとは少し異なるが
かなりの美形である。芸能人に彼女のような女性がいても不思議ではない。

 

ややお姉さんっぽい感じもするが、可愛さも兼ね備えているお顔で
笑った時の表情がなんとなく小林麻央さんに似ている気がした。
(顔は似てないんだけどね)

 

髪は明るめかな?

 

 

次にスタイル。

 

彼女のスタイルは標準体型より、やや痩せていると言える。

 

太っている女の子は好みじゃないけど
痩せすぎなのも嫌、という方にはちょうどいいかも。

 

胸は小さめで、そこまでインパクトはないように思う。

 

 

 

●サービスについて

 

お部屋に入ると彼女は言った。

 

 

「DJくんっていい人そうだよね」

 

笑顔で話しかけてくる長〇さん。

 

 

話を聞くと、彼女は好き嫌いがはっきりしているタイプらしい。

 

好きな人はいいのだが、苦手な人はとことん苦手なのだそうだ。

 

そんな話をしていると、服を脱ぎ始める長〇さん。

 

僕も自分で服を脱いだ。

 

 

お風呂場では体を軽く洗ってもらい浴槽内へ。

 

浴槽の中ではいろいろなお話をする。

 

特に、彼女がゲーム好きでポケモンにハマっているという話は
意外で興味深かった。

 

 

お風呂からあがると、ベッドに移動。
まずは僕が攻めることに。

 

 

「キスしていい?」

 

 

 

「全然いいよ」

 

彼女は答えた。

 

 

前戯はDK→乳首舐め→ク〇ニ&軽い指入れ

 

といったお決まりの流れで攻守交替。

 

 

彼女の攻めは

 

乳首舐め→長めのフェ〇チオ

 

これにてスキン装着。

 

 

まずは正〇位で攻めたが、
ここで想定していた以上に興奮することになる。

 

長〇さんは、彼女の上にいる僕を
ぎゅーっと強く抱きしめてくれたのである。

 

強く抱きしめられたことにより、
僕の顔の頬と彼女の頬が何度も触れ合う。

 

その光景は僕が昔テレビで見た、海外の映画における
濃厚なベッドシーンを彷彿とさせるものであった。

 

 

次に騎〇位。

 

騎〇位については始めは普通のグラインドだったが、
しばらくすると彼女が身体を倒して僕と密着する形になった。

 

ここでも正〇位と同様に、僕を強く抱きしめてくれる。

 

なお、この時僕は彼女の乳首が上半身に触れているのを感じ
密かに興奮していた。

 

 

先ほどの興奮が忘れられなかったので
もう一度正〇位を行い、射精感を高める。

 

ラストはこちらも2度目となる
騎〇位の上下ピストンでフィニッシュ。

 

射精に至った後も彼女は最後まで
僕の体をぎゅーっと強く抱きしめてくれていた。

 

 

 

●感想

 

彼女は素晴らしいルックスを持っており、
僕がこれまで入ったエレ学の嬢の中でも
お顔の造形の美しさは上位に位置すると思われる。

 

ただ、彼女の人気の秘密を単に「ルックスが良いから」
とだけで片付けてしまうのは違う気がする。

 

 

前述のプレイ内容を見てもらえればわかるかもしれないが
僕は彼女に抱きしめられることにより、かなりの興奮を覚えた。

 

この興奮は長〇さんの心が僕に伝わった結果、
もたらされたものである。

 

たとえ演技であったとしても、
心(愛)を感じる(ように錯覚してしまう)プレイを
演出することが彼女にはできるわけであり、
そこが長〇さんの人気の秘密であるように思う。

 

 

彼女のキスは浅めであり、積極的とは言えない。

 

また、テクニックについても正直言って
高いレベルにあるわけではない。

 

しかしながら、それでもプレイ後に
僕が感じた満足感は相当なものとなった。

 

 

やはりソープにおいて重要なのは結局のところ“心”なのだ。

 

たとえ熟練のテクニックで濃厚なサービスをしてくれたとしても
“心”が伴っていなければ、高い満足感は得られない。

 

 

なお、過去に彼女に入ったことがある方いわく、
性格がややサバサバしている、とのことであったが
僕が入ったときはそんなことは全くなく、
プレイ後も最後までお話しながら
楽しい時間を過ごすことができた。

 

もしかすると彼女は苦手なタイプのお客さんに対しては
本来のパフォーマンスを発揮できない可能性があるのかもしれないが
基本的に彼女は優しい性格であるはずだ。

 

エレ学特有の美形の嬢と、心(愛)を感じるプレイを
体験してみたい方は彼女に入ってみるといいのではないかと思う。

 

 

 

☆評価

総合満足度:4.5点/5点
ルックス:4.5点/5点
スタイル:4.4点/5点
サービス:4.5点/5点
嬢の印象:美人・心(愛)を感じるプレイを行うことができる

-ソープ体験記


comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第47回エレガンス学院「〇咲」

「DJくん、姿勢が悪い!背筋ピンと伸ばす!」   「こっちをチラチラ見ない!」       僕は〇咲“お姉ちゃん”に叱られていた。     …

ソープ体験記・第11回ハニーコレクション「ユ〇ナ」

僕には友達がいなかった。     大学では4年間“ぼっち” 卒業後に就職した職場では同僚はいたけれど 彼らはあくまで“一緒に仕事をする仲間”であり プライベートで付き合いがあるわけ …

ソープ体験記・第48回ドルチェ 川崎校「〇り」

「いつかは彼女に入らなければならない」   なんとなく、そんな気がしていたんだ。         きっかけは“ミスヘブン総選挙2018”だった。 &n …

ソープ体験記・第19回ハニーコレクション「ユ〇ノ」

僕は自分に自信を持てない子どもだった。     勉強はできる方ではなかったし、 スポーツだって得意ではなかった。   体も弱くて病弱。 メンタル面も強くはない。 &nbs …

ソープ体験記・第8回ハニーコレクション「ブルゾン(仮名)」

  あの時の俺に言ってやりたい。 〝迂闊な事をするなと〟 〝軽率な事をするなと〟 〝見て見ぬフリをするなと〟 〝もっと注意を払えと〟 陰謀の魔の手は、 思った以上にずっと身近にあって、 いつ …

Author:DJ GACKTON

格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。