童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第66回アフタースクール「〇な」

投稿日:2019年6月29日 更新日:

DJ GACKTONは悪 だった。

 

 

 

 

 

昔の話だ。

 

僕はみんなに嘲笑され、虐げられながら生きてきた。

 

 

そのときは本当に辛く、
何度も何度も死にたいと思った。

 

状況が改善したのはつい最近である。

 

 

 

 

 

おそらく皆さんは
「可愛いは正義」というフレーズを耳にしたことがあるだろう。

 

これは“苺ましまろ”という漫画の第1巻に載っている
キャッチコピーであり、正確に書くと
「かわいいは、正義!」となる。

 

 

 

「可愛いは正義」

 

このフレーズの意味を
「可愛い=正義」であると解釈するならば
この命題は果たして正しいと言えるのだろうか?

 

 

数学で学習する“対偶証明法”を用いてみると

 

「正義でなければ、可愛くない」という対偶が
真であるならば、この命題も真となるはずである。

 

“正義ではない”ってことは“悪もしくは中立”
ということになるので、「悪か中立は可愛くない」
と言い換えることができる。

 

「悪か中立は可愛くない」の真偽を考えることは難しいが、
僕の知り合いの悪女は外見については可愛いため
これは偽であるように思える。

 

したがって、対偶が偽であるので
命題「可愛い=正義」も偽であることになる。

 

 

 

以上のことから「可愛いは正義」は嘘であるという結論に
至ったわけだが、現実問題として
「ルックスが可愛い人間は正義であり、不細工な人間は悪である」
と社会で考えられている風潮があるように僕は思う。

 

 

なお、僕と昔から交流がある、過去に容姿差別を受けてきた女の子たちも
「前述したような状況は確かにあり、整形を行うことによって
ようやく悪ではない普通の人間になれた」と述べている。

 

 

 

この風潮はいつになったら変わるのだろうか?

 

もしかすると、ずーっとこのままかもしれない。

 

なんと悲しいことだろうか。

 

 

 

 

 

●女の子について

 

今回遊んだのはアフタースクールの「〇な」さん。

 

アフタースクールはドルチェ川崎校の姉妹店であり
今年2月にオープンしたばかりのお店だ。

 

いつか行ってみようと思っていたが
なかなか遊ぶ機会がなく、今回ブログ読者の方の
おすすめがあってようやく初の利用となったのだった。

 

 

 

それではまずはルックス。

 

〇なさんのお顔はかなり可愛い。

 

乃木坂にいてもおかしくないほどの美少女であり
ロリ感が強く感じられる(2019年5月時点での年齢は19歳)

 

背が低く、小柄であることもあり
まるで中〇生といけないことをしている気分であった。

 

 

 

次にスタイル。

 

スタイルは細く、究極ロリ体型(ULF)である。

 

胸は小さめであるが、まな板といった感じではない。
スタイル評価は5.0点に近いが、もう少し胸があれば。。
といった印象であった。

 

 

 

●サービスについて

 

手をつないで階段を上り、お部屋に入る2人。

 

 

「〇なです。お願いします!」と彼女。

 

 

僕も

 

「DJです。よろしくお願いします!」と挨拶した。

 

 

 

彼女のお顔には、まだあどけなさが残っており可愛い。

 

僕が若干緊張していたのが伝わったのか
〇なさんは積極的にいろいろ話を振ってくれて
数分間のトークを行った。

 

 

「服脱ぎますか?」と聞かれ
「うん」と答える僕。

 

セルフで服を脱ぎ、カゴに入れる。

 

 

 

お風呂場に移動。

 

ボディ洗いはなしで、手で体を洗ってくれた。

 

浴槽内ではトークのみ。

 

お風呂からあがるとタオルを渡されたので
自分で体を拭く。

 

 

ソープでの経験が多い嬢がこのような接客をすると
「もしかして手抜き接客なのか?」と
思ったりもするんだけど、彼女の場合は
逆に素人っぽい感じがして悪い印象を抱かなかった。

 

 

 

ブレザーを着てくれてベッドに2人並んで腰掛ける。

 

 

「どうしたい?」

と聞かれたので、まずは僕が攻めることに。

 

 

ベッドで添い寝するような体勢になってキス。

 

しばらくの間、DKを行い
その間にブラウスのボタンをはずした。

 

 

おっ〇いを揉みながら乳首を舐める。

 

両方の乳首をやさしく舐めながら手でおま〇こを
さわさわしてみるが、さほど変化は見られない。

 

 

舐める位置を少しずつ下半身へと移動させていくと
僕の舌は彼女の毛に到達した。

 

〇なさんはパイ〇ンではないので
まずは毛を舐めてみる。

 

毛舐めはパイ〇ンの女の子ではできないプレイであるが
僕は結構これが好きだったりする。

 

 

次に周辺部、最後にアソコの中心を下から上へと
ぺろぺろ舐めた。

 

ビクッと身体を震わせ、押し殺すようにして
喘ぎ声をあげる彼女。

 

 

今度は指入れをしつつ、同時に舌先を使ってク〇を少し
速めに舐めてみる。

 

するとアソコが適度に濡れてきたので攻守交替。

 

 

 

僕がベッドに横になると、まずは乳首舐め。

 

舌をかるーく使って、かなりソフトに舐めてくれて
気持ちいい。

 

結構時間をかけて舐めてくれた後にフェ〇チオ。

 

彼女はデリヘルに勤めた経験があるそうで
舐め方は上手である。

 

 

 

ここでスキンを装着。

 

体位は騎〇位で、ゆっくりとした上下ピストンであったが
動きがぎこちなく、まだ不慣れであることがわかる。

 

 

しかしながら、僕の弱点が乳首であることに
気づいていたのだろう。

 

上下に動きながら必死に乳首を舐めようとしてくれていて
その健気さというか、頑張りに感動してしまった。

 

動きが止まると、抱き合ってDKを行う。

 

 

次に体位を正〇位に変更。

 

DKをしながら、乳首を舐めながら動く。

 

ここでのDKはかなり濃厚であった。

 

 

続いて、対面〇位。

 

彼女いわく、動き方がよくわからないとのことだったので
僕が主体的に動くようにした。

 

抱き合った状態で〇なさんのお尻を持ち上げたり
下ろしたりしてピストン運動を行う。

 

 

今回のプレイで最も大きな喘ぎ声をあげる彼女。

 

ここでも抱き合いながらDKを行う。

 

 

ラストに再度、騎〇位。

 

今度は濃厚DKを行いながらの上下ピストンである。

 

 

 

激カワ・超ロリの〇なさんが濃厚ベロチュー騎〇位で
攻めてくれて射精に至らない男が果たしているだろうか?

 

いや、いるはずがない。

 

 

 

フィニッシュを迎えた後は
お互い全裸の状態でトークタイム。

 

彼女は手際よくテキパキと行動するタイプなので
比較的長い時間プレイしていたにも関わらず
時間は結構余っていた。

 

なぜ他のお店ではなくて、アフタースクールに
在籍することになったのか、というような話や
予約に関する話などをして2人で盛り上がる。

 

 

 

ふと彼女は言った。

 

「それ、はずさないと」

 

 

 

「・・・あっ!」

 

気づかなかった。

 

僕はスキンを装着したまま
夢中になって彼女と話をしていたのだ。

 

 

 

僕は笑うと、“それ”を取り外し
ティッシュにくるんでゴミ箱に投げ捨てた。

 

 

 

 

 

●感想

 

素晴らしい嬢であった。

 

まず第一にこれほど可愛いルックスを持っていて
なおかつ19歳であるというのが凄すぎる。

 

彼女は僕がこれまでに入った10代の女の子で
間違いなく最強のルックスの持ち主である。

 

〇なさんを見て、可愛くないと感じる人は
ほとんどいないであろう。

 

 

ただ、彼女はまだ19歳であり、ソープでの経験もわずかであるので
サービスに未熟な面があることは否めない。

 

しかし、彼女には「手を抜いてやろう」という気持ちではなく
「頑張ってお客さんを気持ちよくしてあげよう」という
意思があるように僕は感じた。

 

 

なお、〇なさんはイチャイチャ系ではなく
お客さんに素で接するタイプである。

 

そのため、エデンのく〇みさんとタイプが似ており
この点で好みが分かれる可能性はある。

 

 

もし、〇なさんがイチャイチャ濃厚サービスを習得するようなことが
あれば、川崎のソープ嬢が束になってかかったとしても
彼女に太刀打ちすることはできないように思う。

 

 

いずれにしても彼女はまだ発展途上である。

 

これからのさらなる活躍を期待できる
かなりの逸材であると言えるだろう。

 

 

 

☆評価

総合満足度:4.9点(若年ロリボーナス0.1点を含む)/5点
ルックス:4.8点/5点
スタイル:4.9点/5点
サービス:4.5点/5点
嬢の印象:ロリ可愛い・キスに極めて積極的

-ソープ体験記


comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第49回全力!!乙女坂46「〇こ」

ある日、僕のもとに1通のメールが届いた。   「ガクトンさん、川崎に行かれるようになったんですね。 でしたら、“乙女坂46”というお店に足を運んでみるのもいいかもしれません。 私が通っている …

ソープ体験記・第26回ハニーコレクション「ジ〇リ」

僕はソープ遊びをやめない。     仮に僕が結婚して、子に恵まれ 幸せな家庭を築くことができたとしても。   なぜなら僕はソープという遊びを通して リアルに誰かを愛するわ …

ソープ体験記・第6回メイドマスター「プーさん(仮名)」

プレイが終わった後、僕は体を洗ってもらっていた。   (あれ?なんか、お尻のあたりがおかしい・・・) 違和感を感じた僕は手でお尻を触ってみる。     (・・・!?) 僕 …

ソープ体験記・第13回ハニーコレクション「ヒ〇タ」

僕の目の前で1人のボクサーが滅多打ちにされていた。       青のグローブは第6ラウンド以降 防戦一方であり、ガードを固めてただひたすら耐えるのみ。   第9 …

ソープ体験記・第51回ドルチェ 川崎校「〇や」

『童貞が初めてソープランドに足を踏み入れるときにはすべてが目新しく見える。 女性とキスをするとどんな気分になるのか。挿入するというのはどのような感覚なのか。 しかし、いずれはこの目くるめく妖艶の群れす …

Author:DJ GACKTON
格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。