童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第71回エレガンス学院「坂〇」

投稿日:

僕はこれまで、何人もの嬢をお風呂屋さんでの体験に基づいて評価してきたが
その評価が完全に客観的なもので、なおかつ公平なものなのか?
と問われたならば「否」と答えざるを得ない。

 

 

なぜなら、お風呂屋さんでのソープ体験の満足度を決定するための要素は
複合的であり、学校のペーパーテストのように
“とある”1つの面から見た、数個の観点のみで結果を評価できるほど
単純なものではないからである。

 

 

今回、僕が遊んだ彼女の場合は
特に僕の主観が多く入りこむ結果になったと言えるだろう。

 

 

 

 

 

●女の子について

 

今回遊んだのはエレガンス学院の「坂〇」さん。

 

彼女に入ったのは彼女がエレ学に入店してわずかな頃だったかな?

 

 

ホームページの学院長コメントに
「この顔立ちで不満が出ようものなら当店のご利用を
こちらからお断りさせていただく・・・」といった感じの記述があり
期待できそうだと感じたため、早めの予約に踏み切ったのだった。

 

 

 

それではまずはルックスについて。

 

坂〇さんはしっかりと整ったお顔をしており美人である。
どちらかと言うと、綺麗系の要素が強めであり
キレカワ系であると言える。

 

ただし、人によってやや好みが分かれるタイプである気がする。

 

 

ちなみに個人的な考えでは、エレ学よりも吉原のアクアパレスや
momoで爆発的な人気を獲得できるタイプであるという印象を受けた。

 

 

 

次にスタイル。

 

彼女のスタイルは細めであるが、下半身がやや太い。
しかしながら、さほど気にはならないレベルである。

 

また胸は大きくはないが、まな板レベルではない。

 

 

 

●サービスについて

 

手をつないでお部屋に入ると
まずはベッドに腰掛けてトーク。

 

2~3分の間、取り留めのない話をした後
「シャワー浴びる?」と彼女。

 

 

お互い服を脱ぐ。

 

 

・・・と、ここで何やら彼女が困っている。

 

見ると、ブラをうまくはずすことができないらしい。

 

 

 

「はずして」

 

と言ってきたので「うん」と答える僕。

 

 

ひょっとしたらワザとなのかもしれないけど
こういう何気ない触れ合いって僕、結構好きなんだ。

 

 

 

洗い場に移動し、椅子に座る。

 

ザラザラした丸いスポンジにボディソープをつけて
体を洗ってくれた。

 

 

浴槽に入り、歯磨き&うがい。

 

それを終えると「入ってもいいですか?」と言って
浴槽内に入ってくる坂〇さん。

 

背中を向けて入ってきたので
彼女の背中に手でお湯をすくってかけて遊ぶ僕。

 

そんな感じで、トークのみを行い
お風呂からあがる。

 

 

 

ベッドに移動し、1つの枕を2人で使って
一緒に寝転がる僕と彼女。

 

寝ながらDKを行うが、キスの濃厚さはやや浅い。

 

ただし、キスの積極性は標準レベルであり
時間はかなり長く続けてくれる。

 

 

次に乳首を舐めると声をあげる坂〇さん。

 

感度が良いらしく、舐めながらおま〇こを触っていると
じわじわと濡れてきているのを感じた。

 

 

 

「すごい濡れてるよ」

 

そう言って、指を少し速めに動かすと
「くちゅくちゅ」という卑猥な音が聴こえてくる。

 

そのまま中に指を入れてクリ〇リスを舐める。

 

指の第一関節あたりを軽く動かしただけで
大きな喘ぎ声をあげてくれるので興奮を抑えることができない。

 

ク〇ニでおま〇こ全体をよく舐めた後、攻守交替。

 

 

 

ベッドに横になると、まずは挨拶代わりに
DKをしてくれて、その後すぐに乳首舐め。

 

この時の僕はまだ、彼女のとどまる所を知らない乳首攻め攻撃に
完膚なきまでに叩きのめされることになろうとは知る由もなかった。

 

 

 

坂〇さんは上半身へのリップ攻撃を織り交ぜながら
乳首を徹底的に舐めて吸ってくる。

 

舐め方もしっかりと緩急をつけており
非常に上手い。舐められる度に我慢できずに
大きな喘ぎ声をあげてしまう僕。

 

 

そのまま乳首舐め手〇キに移行。
手〇キとは言っても、軽く亀頭部を触りながらの
乳首舐めであり、あくまでメインは乳首舐めなのである。

 

 

 

続いてフェ〇チオ。

 

今思い出しても、このフェ〇は特にヤバかった。

 

両方の乳首を指で弄りながら行う
ノーハンド高速フェ〇なんだけど、今回ばかりは
さすがに我慢できないと感じたほどだ。

 

 

「だめー!!!」

 

と大声で叫び、彼女の腕を何度もタップすることで
かろうじて口内射精を回避することができた。

 

 

ギリギリで踏みとどまった僕の乳首を
再び舐めながら、スキンを着ける彼女。

 

 

まずは坂〇さんが僕の上に跨る。

 

騎〇位の動き自体はゆっくりとしており
ソフトなんだけど、なにしろ乳首攻めの激しさが半端じゃない。

 

 

彼女は僕の乳首を「舐めて」「吸って」「噛んで」くる。

 

僕の呼吸は荒くなり
我慢していても、常に声が漏れ出てしまっている状態である。

 

 

 

坂〇さんが少し激しめにピストン運動を行うと
「イッちゃう!!」と叫ぶ僕。

 

すると動きは一時停止し、
今度は激しい乳首攻め。

 

これの繰り返し。

 

 

 

もはや僕に逃げ場はなかった。

 

高速ピストンと乳首攻め、
そのどちらもが強烈な刺激となって僕を襲うのだ。

 

 

 

射精感はどんどん蓄積していき
最終的には頭では何も考えることができなくなった。

 

 

ただ1つ覚えているのは
彼女が全く動いておらず、乳首を強烈に舐められている時に
射精に至ってしまったということだ。

 

 

フィニッシュを迎えた後、放心状態になっている僕を
抱きしめてくれる彼女。

 

僕は彼女の肌のぬくもりをいつまでも感じていた。

 

 

 

●感想

 

彼女は以前、わずかな期間だけデリヘルで働いていた経験があると
語っていたが、そのわりには攻めがかなり上手いという印象を受けた。

 

 

坂〇さんと話をしていて感じたのは
彼女は真面目な性格で、努力できる才能を持っている
ということである。

 

そのため、おそらく彼女はこれから伸びるタイプの
女の子であるように僕は思う。

 

 

経験を積むうちに、次第にいろいろなタイプのお客さんを
満足させる接客を身につけていくに違いない。

 

 

坂〇さんのルックスはロリ系というよりも美人系に近く
イチャイチャタイプではないため、エレ学でどこまで
人気を獲得できるのかわからないが
持っているポテンシャルは高いと思うので
今後の彼女に注目していきたい。

 

 

 

☆評価

総合満足度:4.7点/5点
ルックス:4.7点/5点
スタイル:4.6点/5点
サービス:4.7点/5点
嬢の印象:乳首攻めが得意・性格が良い

-ソープ体験記


  1. 匿名 より:

    ガクトンさんはマグロだからいつも同じようなレポばかりですね

    • DJ GACKTON より:

      >匿名さん

      いつも同じような内容になってしまうのは自覚しています。
      ただ嘘偽りなく事実を書いているので、仕方ない面もあるのかなぁとも思っています(´・ω・`)

comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第34回ハニーコレクション「マ〇ア」

「体拭くね!」     お風呂からあがると、彼女は僕の頭と背中に ピンク色のバスタオルをかぶせてきた。   「パン!」「パン!」「パン!」   タオルの上から思 …

ソープ体験記・第4回ハニーコレクション「ミ〇ナ」

僕たちは手をつないで添い寝していた。   雑音など聴こえない。   聴こえるのは お互いの心臓が鼓動する音だけ。   そこには 僕と彼女だけの世界があった。   …

ソープ体験記・番外編・ハニーコレクション「サ〇カ」(再)

これは遠い昔の話。   このブログができるよりもずっと前の話だ。     ある日、僕は“とある”お店の“とある”女の子に入った。   彼女の名前を、ユリさん(仮 …

ソープ体験記・第74回ハニーコレクション「ミ〇イ」

僕は“地下アイドル”にあまり良い印象を持っていない。     なぜなのかはわからないが、 女の子のプロフィールに“元地下アイドル”などと書かれていると 無意識のうちに警戒してしまう …

ソープ体験記・第69回ハニーコレクション「母ちゃん(仮名)」

あの日の夜、僕は悪夢をみた。     カーテンが開かれると そこに立っていたのは、パネルとは完全に別人の女性。   その姿からは、女手ひとつで何人もの子どもを育て上げた …

Author:DJ GACKTON
格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。