童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

飛田新地体験記

飛田新地での出来事・第2回料亭“神島”「の〇ちゃん」

投稿日:2019年10月4日 更新日:

降りしきる雨の中、傘をさして
飛田新地を歩いていた。

 

tobita2

 

 

 

“ニヤニヤしている”表情を見られないように
傘で顔を隠しつつ、通りを歩く僕。

 

すでに歩き始めてから
1時間30分が経過している。

 

 

 

“ニヤニヤしてしている”と書くと
まるで不審者のようであるが
これはしょうがないのだ。

 

 

「お兄ちゃん、また通らないかなって
さっきからずっと待っとったんよ」

 

こんなこと言われて、笑みがこぼれないはずはない。

 

 

 

 

時刻は20時。

 

これまでの時間、僕は何も考えずに
ただひたすら、ぐるぐると歩き回っていたわけではない。

 

 

今回の僕には“秘策”があったのである。

 

 

 

飛田新地では料亭の前を通りかかると、
どの女の子も笑顔で手を振ってくれる。

 

その表情は、にこやかで華々しく
ちらっと見ただけで心を奪われそうになってしまうほどだ。

 

 

前回は嬢の表情から心の中を読み取ろうとしたのだが
誰もが皆、笑顔であるため、全員が素晴らしい良嬢に
思えてしまい、かなりの苦戦を強いられた。

 

 

(なんとかして嬢の本心を読み取る方法はないだろうか)

 

と考えて、編み出したのが“二度見作戦”だ。

 

 

“二度見作戦”というのは、その名の通り
女の子を2回見る方法である。

 

一度目は普通に料亭の前を歩きながら
チラッと横を向いて、手を振っている嬢を見る。

 

そして、ここが重要なのだが
嬢をチラッと見た後、いったん前を向いて
視線を断ち切り、その後、数秒経ってからもう一度
横を向いて嬢の様子を確認する
のである。

 

 

多くの嬢は、いったん視線を断ち切ると
「ああ、この人はわたしに興味ないんだな・・・」

 

といった感じで、笑顔ではない“素の表情”に戻ってしまう。

 

ところが、一度目を離したにも関わらず
僕のことを笑顔でずっと見続けてくれている女の子も
中にはいるのである。

 

 

今回はこの“二度見作戦”により嬢をふるいにかけ
二度見の際にも、しっかりと笑顔でいてくれた
女の子に入ることにした。

 

 

 

今、現在の候補は以下の3人。

 

1:料亭「希望」の超美人な女の子
2:料亭「詩音」の清楚系の可愛い女の子
3:料亭「乃愛」の明るくて美人でありながら、
可愛いさも兼ね備えている女の子

 

この3人の中から選ぶことにした僕であったが
なかなか絞り込むことができない。

 

 

そこで、1人ずつよく考えて検討することに。

 

 

まずは2番の料亭「詩音」の女の子だ。

 

彼女は清楚系で、おしとやかな雰囲気をもっており可愛い。

 

ルックスレベルはかなり高いのだが、実は彼女、
前回4月初旬に飛田新地を初訪問した際にも
見た記憶がある女の子だったのである。

 

長い期間在籍している嬢は慣れが生じてしまい
あまり良いサービスを期待することができない、というのが
お風呂屋さんで僕が学んだ、個人的な見解だ。

 

このことから、僕はまず2番の嬢を除外することにした。

 

 

次に1番の料亭「希望」の女の子である。

 

彼女はかなりの美人であり、ルックスを見て
川崎の格安店「全力!!乙女坂46」に以前在籍していた
「〇え」さんのパネル画像を思い出した。

 

そこで、もう一度お顔をしっかりと確認しようと
料亭の前まで行くと、すでにそこに彼女はおらず
おばちゃんだけが座っている状況であった。

 

 

「なんてことだ・・・仕方ない。
彼女が戻ってくるまで待とう・・・」

 

そんなわけで、通りの端の方で待つこと約45分。
ようやく彼女が戻ってきた。

 

 

・・・が、彼女を間近ではっきりと見ると
先ほどのイメージとは違って“可愛さ”を
あまり感じ取ることができない。

 

というわけで、せっかく長時間待ったわけだが
1番の彼女も除外することにした。

 

 

 

最後に残ったのは3番の料亭「乃愛」の女の子だ。

 

彼女はすごく明るく、ハイテンションで手を振ってくれる
美人可愛い系の女の子であり、好印象であった。

 

 

「よし!じゃあ乃愛に決めた!」

 

とのことで、料亭に向かうと
そこには別の女の子が座っていた。

 

 

 

「あの子じゃない・・・(´;ω;`) 」

 

料亭「希望」で45分も待ったのが裏目に出てしまったようだ。

 

 

 

(どうしよう・・・困ったな・・・)

 

そう思いながら、トボトボとメイン通り東側を歩いていると
浴衣を着た、激ロリで超絶可愛い女の子が僕の視界に入った。

 

 

 

(このチャンスを逃してはならない!)

 

そう思った僕は立ち止まり、
ゆっくりと彼女の方へと歩み寄っていった。

 

 

 

 

 

スリッパを履いて、彼女と階段をのぼる僕。

 

2階は結構広く、5~6部屋あるようだ。
そのうちの1つの部屋に入った。

 

 

 

座布団に座ると彼女は言った。

 

「どのコースにする?」

 

 

テーブルの上に置かれたコース表を見る限り
15分コースはない模様。

 

僕はあらかじめ考えていた通り
20分・16000円のコースを選択した。

 

 

1万円札を2枚渡すと、下にお釣りを取りに行く彼女。

 

すぐに4000円のお釣りとお菓子を持ってきてくれた。

 

 

 

「じゃあ準備してくるね」

 

そう言って彼女は再び下に降りていった。

 

 

壁を見てみると

 

・ビール 1000円
・お造り 時価

 

と書かれた張り紙が貼ってある。

 

 

 

しばらくすると彼女が戻ってきたので聞いてみた。

 

「ビールとお造りってほんとにあるの?」

 

 

「うん、あるよ」

 

 

ビールは330 mLほどの小瓶で、
お造りは出前をとるらしい。

 

ただ、60分コースなどのロングコースの場合でないと
時間がないので難しいそうだ。

 

(まぁたしかにそうか・・・)

 

 

 

 

「服脱ぎましょうか」

 

そう言われたので、服を脱ぎ全裸となる。

 

彼女も浴衣を脱ぎ、一糸まとわぬ姿となった。

 

 

 

(・・・ん?)

 

彼女の裸を見た僕は違和感を感じた。

 

 

僕が想像していたよりも、彼女の身体が細くないのである。

 

また、ルックスに関しても
浴衣を着ていたときの方が3割増しぐらい可愛く見える。

 

 

 

どうやら僕は致命的なミスを犯してしまったようだ。

 

そう。僕は浴衣による“可愛さ補正”というものを
知らなかったのである。

 

 

(今まで浴衣を着た若い女の子と一緒に
お祭りや花火大会に行った経験がないことが
こんなところで影響してくるとは・・・(´;ω;`) )

 

(まぁでも今さら嘆いても仕方ない。)

 

 

気を取り直して、僕は床に敷かれた
布団というか、毛布のような物の上に寝転がった。

 

 

 

「ちょっと冷たいけど我慢してね」

 

ウェットティッシュでアソコを拭かれる。

 

そして、僕のふにゃ〇ンにスキンが装着された。

 

 

(そういえば、ふにゃ〇ンにスキンを着けられるの初めてだ・・・
いつもは前戯が終わって勃〇している状態で装着するしなぁ)

 

そんなことを考えていると、
おもむろに、おち〇ちんを口に含む彼女。

 

 

ゆっくり口を上下に動かすことでゴムフェ〇開始。

 

亀〇部を舌でペロペロしたり、
吸い上げたりして刺激を与えてくる。

 

彼女のテクが上手いこともあるのかもしれないが
ゴムフェ〇であっても十分に気持ちよく、
僕のおち〇ちんはすぐに大きくなった。

 

 

「大きくなったね」と彼女。

 

「体位はどうする?」と聞かれたので
「騎〇位で」と答える。

 

 

少しずつ、焦らせるようにして挿〇し、
ゆっくりとしたピストン運動が行われた。

 

 

ここでの動きは純粋な上下ピストンであり
グラインドの動きは全くない。

 

なお、騎〇位での動きと同時に
僕の乳首は彼女の指で刺激されている。

 

 

 

「おっぱい触っていい?」

 

そう尋ねたところ
「うん、いいよ!」と答えてくれた。

 

騎〇位で攻められている状態で
両手で彼女のおっ〇いを揉みしだき、
乳首を優しくさわさわする僕。

 

 

 

「別の体位もやりたい!」

 

彼女がそう言うので

 

 

「じゃあバッ〇がいい!」と答えた。

 

彼女のお尻を触りながらゆっくりと動く。

 

さらに、体を倒して彼女の背中にもたれかかり
奥深くまで優しく突いた。

 

 

 

次に正〇位に体位を変更する。

 

おっ〇いを触りながら動いた後、
彼女の上に覆い被さるようにして密着プレイ。

 

DKや乳首舐め、ク〇ニはルール上ダメだろうけど
密着して顔と顔をくっつけ合うのならいいはずだ。

 

 

僕と彼女は1つとなり、抱き合いながら動き続けた。

 

 

 

ラストは再び騎〇位。

 

 

「だめ・・・イきそう・・・」

 

僕がそう呟くと、動きが一段とスピードアップする。

 

 

そこから30秒ほどでフィニッシュ。

 

最後の一滴が出るまで動きつづけてくれた。

 

 

「いっぱい出たね」

 

スキンをはずしてもらい、出してもらっていたお茶を飲んでいる間に
「洗ってくるね」と言って下に降りていく彼女。

 

 

(結構、時間的には余裕だったなぁ。)

 

そう思っていると、ここで5分前のチャイムが鳴る。

 

 

 

しばらくして戻ってきた彼女と
残りわずかな時間ではあるがトークを行う。

 

 

「飛田新地の女の子って源氏名ってあるの?」

 

「あるよ」

 

 

「なんていう名前なの?」

 

「の〇ちゃん」

 

 

「の〇ちゃんかぁ、また今度飛田に来たら会いにくるね」

 

「ありがとう!」

 

 

ペコちゃんキャンディを受け取り、
彼女と一緒に階段を下りる。

 

下の階では、おばちゃんが出迎えてくれた。

 

先ほどは気づかなかったんだけど、このおばちゃん、
かなり美人な方だ。

 

“おばちゃん”と呼ぶのは相応しくないな、と思ったほどである。

 

 

もしかしたら昔、飛田新地で働いていたことがあるのかもしれない。

 

 

 

僕は“おばちゃん”と“の〇ちゃん”に別れを告げて
再び夜の飛田新地へと足を踏み出した。

 

 

 

 

 

●女の子について

 

今回遊んだのは料亭“神島”の「の〇ちゃん」。

 

前述した通り“神島”はメイン通り東側、
すなわち阪神高速側を入り口とした場合に
かなり奥側に位置する料亭である。

 

 

それではまずはルックスについて。

 

の〇ちゃんはロリ系の女の子であり
かなりの美少女であると言える。

 

しかしながら、当初の想定では
彼女のルックス評価は4.9点であったのだが
浴衣による可愛さ補正を無視していたことにより
結果的に評価を4.8点に下げるという事態が生じてしまった。

 

まぁでも、そうは言っても彼女が相当な可愛さを持っているのは
間違いないんだけどね。

 

 

次にスタイル。

 

彼女のスタイルは女性らしい感じで良好である。

 

ただ、細くてスタイル抜群!ってわけではない。

 

お腹は出ておらず、標準体型よりは痩せている
といった程度であると考えてもらいたい。

 

また、胸はCカップ相当であり、
小さくはないが、大きいというわけでもない。

 

ちなみに、スタイルについても
浴衣による補正の影響を考慮していなかったことが
判断ミスに繋がってしまったと言える。

 

 

 

●サービスについて

 

サービスに関しては前述した通りである。

 

「DKをしてほしい」「アソコを触らせてほしい」
などと、こちらからあれこれ要求すれば
もっといろいろできるのかもしれないが、
定められたルール内で遊ぶことを心がけている
お客さんに対しては、彼女は飛田新地における
標準的なサービスを行ってくれる嬢であると言える。

 

 

 

●感想

 

今回の飛田新地への遠征で学んだこと、
それは「激カワロリ美少女+浴衣=最強」
だということだ。

 

まさか浴衣がここまで女の子のルックスや
スタイルに影響を及ぼすとは思ってもいなかった。

 

 

吉原や川崎のソープでコスの持ち込み可のお店があるなら
浴衣を買って持っていき、ロリ系の激カワ美少女に着せようと
今このレポを書いている僕は本気で考えている。

 

・・・おっと、これ以上余計なことを書くと
ヤバい人だと思われてしまうので、やめておこう。

 

 

 

浴衣による補正の影響はあったものの
今回の満足度は4.4点と前回を大きく上回った。

 

これは、の〇ちゃんが僕の好みの系統の女の子であり
性格がすごく優しかった点が満足度向上に結びついたためである。

 

 

この記事を読んでくださっている読者の方々も
もし今後、飛田新地を訪れることがあるのなら
是非ともメイン通り・料亭“神島”にいる
浴衣が似合う可愛い女の子を探して入ってもらいたい。

 

 

 

☆評価

 

総合満足度:4.4点/5点
ルックス:4.8点/5点
スタイル:4.5点/5点
サービス:評価不能/5点
嬢の印象:激カワ・優しい性格

-飛田新地体験記


comment

CAPTCHA


関連記事

飛田新地での出来事・第1回料亭“知慧”「美里(仮名)」

信じてほしい。   僕がこの地を訪れる予定はなかった。     清水寺でリア充カップルがイチャついているのを 見さえしなければ、普通に京都・奈良・大阪・神戸を観光し 帰路 …

Author:DJ GACKTON
格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。