童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第88回全力!!乙女坂46「か〇や」

投稿日:2020年2月15日 更新日:

部屋に入るとベッドに腰掛けてトークを行う2人。

 

 

「か〇やさんって前にもこのお店にいたんだよね?
どれくらい前のことなの?」

 

こんな感じで15分ぐらい話をした。

 

 

 

彼女とは自然体で会話をすることができる。

 

そのため話が盛り上がってしまい
思っていた以上に時間を消費してしまった。

 

 

なお、この時点での彼女の評価は標準的な嬢ぐらいであり、
満足度は4.3点ぐらいになりそうだなぁ、と推定していた。

 

 

 

会話が一区切りついたところで
僕のシャツとズボンを脱がしてくる彼女。

 

さらに僕の太ももの上に乗っかってくる。

 

 

彼女と抱き合う僕。

 

か〇やさんの胸に顔を埋めると
彼女は優しく僕を抱きしめてくれた。

 

 

セーラー服の上を脱がせ、ブラのホックに手をかける。

 

おっ〇いは大きくはないが、まな板レベルでもなく
色白で綺麗な形をしていた。

 

太ももの上から降りてくれたので
今度はスカートを脱がす。

 

 

(すごくセクシーだな・・・)

 

彼女の下着の色は黒。

 

それだけで、セクシーさは5割増しになるわけだが、
それに加えて彼女の下着には紐がついていた。

 

最強の勝負下着と言われる“紐パンツ”である。

 

 

格安店ではあまり履いている子がいないので
不慣れな僕ではあるが、紐パンツの紐を慎重にほどく。

 

何とか脱がすことに成功すると
僕たちはお風呂場へと向かった。

 

 

 

体を手で洗ってくれた後
僕の手にボディソープをつけてくる彼女。

 

最初、「これで手を洗ってね」ってことだと思ったんだけど
何やら違うらしい。

 

 

(・・・なるほど、これで彼女の身体を洗うってことか!)

 

お風呂屋さんでは通常、嬢がお客さんの体を洗うだけの
“一方通行”であるので、これまで考えもしなかったんだけど
お客さんが嬢の身体を洗ってあげるっていうのも確かにアリである。

 

僕は少しドキドキしながら、彼女のおっ〇いと
おま〇こを手で優しく撫でて洗ってあげた。

 

 

 

うがいをして浴槽内へ。

 

ここではトークのみであり、潜〇鏡はなし。

 

おち〇ちんを舐めてはくれなかったけど、
その代わりとして、僕の人差し指を口に咥えて舐めてくる彼女。

 

 

指舐めは僕が好きなプレイの1つだ。

 

それ単体ではたいして気持ちよさを感じないのだが
別の刺激(手コキなど)を同時に加えられると、
2つの刺激が融合し、恐ろしいほど強烈な快感に襲われる。

 

僕たちは何度か唇を重ねてからお風呂を出た。

 

 

 

体を拭いてもらう際、僕の前にしゃがんで
おち〇ちんの亀〇部を横からぺろぺろ舐めてくれる。

 

“仁王立ちフェ〇”というよりも
“仁王立ちペロペロ”と言った方が相応しいかもしれない。

 

 

 

ベッドへと移動。

 

制服・下着の着用はなかった。

 

僕の隣に腰掛ける、か〇やさん。

 

 

まずはDKをしながらおっ〇いを揉み、乳首舐め。

 

舐めていると次第に乳首が硬くなってきたので
僕のテンションもどんどん上がってくる。

 

 

彼女をベッドに押し倒してク〇ニと指入れ。

 

太ももに頭をくっつけた状態で、優しくペロペロしていると、
一段と大きな声で喘いでくれたので否が応にも興奮してしまう。

 

 

攻守交替で、か〇やさんの攻め。

 

まずは寝ている僕にDK。

 

先ほどよりも濃厚さはアップしており
標準レベルぐらいにまで上昇していた。

 

 

その後、上半身へのリップ攻撃を経て、乳首舐め。

 

僕の反応を楽しむようにしてペロペロ舐めてくる。

 

 

今度は胸から下半身にかけてのリップ攻撃。

 

玉袋も軽く舐めたり吸ったりしてくれて、気持ちよかった。

 

 

フェ〇チオは標準的だが、やはり先ほどの
“仁王立ちペロペロ”でもそうであったように
口に咥えるよりも、亀〇部をペロペロする動きが
多かった気がする。

 

 

 

「挿れるね」とのことでまずは騎〇位。

 

ゆっくりめの上下ピストンの動きであり
我慢できるレベルである。

 

しかし、動きながらの乳首舐めが加わると
嫌でも体が反応し、声が出てしまう。

 

 

さらに、動きがグラインドになると
今度は僕の指を口に咥えて舐めてきた。

 

先ほど、お風呂の中でも指舐めをしてくれたわけだけど
今度はグラインド騎〇位によるおち〇ちんへの刺激もあるため
快感の度合いが段違いである。

 

 

 

「あ、ちょっと待って!」

 

 

危ない。不覚にもイキそうになってしまった。

 

 

少しの時間、動きを止めてくれる彼女。

 

しかし、再び開始された乳首舐め騎〇位により
徐々に射精感が蓄積されていく。

 

 

「だめ、だめ、だめ、だめ・・・・・」

 

部屋の中に僕の声が虚しく響いていた。

 

 

今度はもう動きを止めてはくれない。

 

 

 

今の僕では、高速グラインドの動きに
耐えることはできなかった。

 

なお、通常時であれば僕はグラインド騎〇位程度で
イクことはないんだけど、射精感が限界に近い水準まで蓄積していると
上下ピストンでなくても、フィニッシュを迎えてしまうのである。

 

 

 

グラインドで射精に至ったためなのか、
彼女は僕がイッたことに全く気づいていない。

 

 

「パン!パン!!パン!!!」

 

僕が悶絶している間にも
今度は激しめの上下ピストンが開始された。

 

 

 

「か〇やさん!もうイッた!!もうイッたから!!」

 

そう叫ぶと、動きは止まったのだが
今度は僕の体の上から降りて乳首舐め&手コキ。

 

 

 

「ぁぁぁぁぁぁああああああああ!!」

 

先ほどからタイマーのアラームが鳴っているが
それも彼女の耳には届いていない様子。

 

 

 

「もう出ないからだめ!!!」

 

それでも乳首を執拗に舐めてくるので
腕で胸をブロックする僕。

 

 

 

 

「時間あれば2回できるのに・・・」

 

彼女はそう言うと、僕の隣で添い寝してくれた。

 

 

(・・・というか、もうすぐ時間なんだけど大丈夫かな・・・)

 

そんなことを思ったが、気にしないことにした。

 

 

 

 

「プルルルルル!!」

 

ほらやっぱり。
案の定、フロントから掛かってきた。

 

 

結局、僕たちは時間を10分オーバーして
部屋を退出したのだった。

 

 

 

 

 

●女の子について

 

今回遊んだのは乙女坂46の「か〇や」さん。

 

僕が彼女に入ったのは昨年の11月なので
まだ入店して間もない頃かな?

 

 

ちなみに、か〇やさんは復帰嬢であり
以前も別の名前で、乙女坂で働いていたことがある。

 

ブログ読者の方の中にも、昔のか〇やさんに
入ったという方がおり、話を聞くと非常に興味深かった。

 

 

それでは、まずはルックスについて。

 

か〇やさんは童顔の可愛い系の女の子であり、
僕の親戚の中学2年生の女の子を
そのまま大人にした感じがする。

 

 

要するに、彼女は年齢の割に若く見えるということである。

 

なお、か〇やさんのようなタイプの女性は
人によって結構好みが分かれやすい気がする。

 

 

次にスタイル。

 

スタイルは小柄なロリ体型であり、標準よりも身体は細い。

 

胸はバスト78のAカップ表記であるが、
そこまで小さいとは感じなかった。

 

少なくとも、まな板レベルではなく、普通に揉むことはできる。
色白で形も綺麗であったように思う。

 

 

 

●サービスについて

 

前述した通りである。

 

“指舐め”や“仁王立ちフェ〇”があったり
ボディソープで、か〇やさんの身体を洗ってあげるプレイが
できたり、など、典型的な流れではあるが工夫されており
プレイ自体に退屈することはなかった。

 

 

DKについては、初めの段階では
舌がちょろちょろ触れる程度で浅めだったが
徐々濃厚になっていき、最終的に標準レベルにまで濃厚さはアップした。
一方でDKの回数は非常に多いと言える。

 

 

 

●感想

 

か〇やさんは自分で自分のことを
“ご奉仕系M”であると述べていた。

 

僕に対しては少しSっ気が出てしまったそうだが
確かに彼女の言っていることはわかる気がする。

 

 

プレイ内容と比較して彼女の評価は高めだと
思うかもしれないが、これには理由がある。

 

最後まで一生懸命やってくれた点も満足度を押し上げた
ポイントではあるが、それよりも彼女の持つ雰囲気と性格に惹かれた
というのが個人的には大きい。

 

なんて言えばいいのかわからないけど、
彼女は独特の雰囲気を持っており、
ついつい安心して、いろいろ話をしてしまう感じがするのである。

 

いつの間にか、彼女の世界に引き込まれてしまい、
もっともっと仲良くなりたいと思ってしまうイメージかな?

 

 

また、普通の女の子の場合、イッた後はプレイ前と比べて
接客態度が淡泊になってしまうことが結構あると思うんだけど
か〇やさんの場合は全くの逆で
ベッドプレイ終了後の方がイチャイチャ感がすごく、
キスの回数もかなり多くなった。

 

 

乙女坂には多くの嬢が在籍しているが
このような優位性を持つ嬢は多くはいないだろう。

 

だからこそ、彼女は再び乙女坂で
人気嬢になることができたのだと思われる。

 

 

 

☆評価

 

総合満足度:4.6点/5点
ルックス:4.5点/5点
スタイル:4.6点/5点
サービス:4.6点/5点
嬢の印象:プレイ後のイチャイチャ感がすごい・性格◎

-ソープ体験記


comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第38回メイドマスター「め〇」

僕はマツコ・デラックスが好きだ。     “月曜から夜ふかし”や“マツコ&有吉 かりそめ天国” “夜の巷を徘徊する”といったマツコ出演番組に関しては 録画して毎週見るように …

ソープ体験記・第53回エレガンス学院「佐〇」

人は僕を“シャイニング・フィンガー(閃光の指圧師)”と呼ぶ。             「フゥーハハハ! これで彼女を予約できないはずはない! …

ソープ体験記・第116回アフタースクール「〇く」

僕が中学生だった頃、クラスメートに“吉田くん”という男子がいた。   彼は学業優秀であり、中学1年生の時に行われたすべてのテストで 学年1位の成績を収めていた。   中学2年生の1 …

ソープ体験記・第41回エレガンス学院「岩〇」

彼女は言った。   「DJくんには“夢”ってある?」       「夢?」     「そう。夢。」       …

ソープ体験記・第6回メイドマスター「プーさん(仮名)」

プレイが終わった後、僕は体を洗ってもらっていた。   (あれ?なんか、お尻のあたりがおかしい・・・) 違和感を感じた僕は手でお尻を触ってみる。     (・・・!?) 僕 …

Author:DJ GACKTON

格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。