童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第90回ドルチェ 川崎校「あ〇き」

投稿日:

ギリシャ神話に“テセウスの船”というエピソードがある。

 

戦に勝利した英雄“テセウス”の船を後世に残すため
朽ちた木材は次々と交換され、
やがて全ての部品が新しいものに取り換えられた。

 

さて、ここで矛盾が生じる。
この船は最初の船と同じと言えるのだろうか。

 

 

 

 

 

●女の子について

 

今回遊んだのはドルチェ川崎校の
「あ〇き」さん。

 

彼女については、実は入店初期の頃に
一度予約したことがあったのだが、
ダブルブッキングにより、予約を取り消された経緯がある。

 

その後、半年以上経過し、
ようやく彼女に会うことができたのだった。

 

 

それではまずは、ルックスについて。

 

「あ〇き」さんのお顔は“普通の女の子”という感じである。

 

お部屋で彼女の顔をじーっと見つめ、
どう表現すべきか考えたが、本当に“普通の女子大生”
としか言いようがないと思ったことが記憶に残っている。

 

個人的には可愛い系と綺麗系の中間ぐらいで
あるように感じた。

 

 

次にスタイル。

 

スタイルは比較的細いと言える。

 

標準体型と痩せのちょうど中間ぐらいかな?
具体的にはエレ学の後〇さんぐらいのお腹周りの細さで、
下半身を少し細めにした感じであった。

 

おっ〇いは大きいが巨乳ってほどではない。

 

 

 

●サービスについて

 

ドキドキしながらカーテンが開かれる瞬間を待つ僕。

 

店員さんによる注意事項の説明を聞き終えると
いよいよその時が訪れた。

 

 

「・・・」

 

 

「・・・」

 

 

 

(なるほど・・・普通の子だ・・・)

 

 

 

 

宣材写真でも、写メ日記でもほとんど顔出しを
していないため、どんな女の子なんだろう?と
ずーっと疑問に思っていたんだけど
実際に会ってみると、本当に“普通の女の子”であった。

 

 

 

お部屋に入り、少しお話をする。

 

「私、ほとんど顔を見せてないから謎キャラに
なっちゃってるの。期待させ過ぎて、
がっかりさせちゃってたらごめんね」

 

 

「いや、全然そんなことないよ。
あ〇きさんに会えて本当に嬉しい」

 

 

 

しばらくして、服を脱がせてくれる彼女。
一方であ〇きさんは自分で服を脱いでいく。

 

 

(おお!彼女の肌は色白ですごく綺麗だ)

 

おっ〇いは巨乳ではないけど、
大きめで張りがある。

 

 

 

お風呂場では手で体を洗ってくれた。

 

歯ブラシとコップを受け取って、歯磨きとうがいを行う。

 

 

(あれ・・・? 彼女は歯磨きしないんだ・・・)

 

 

普通、お風呂屋さんでは客と嬢が一緒に
歯磨きとうがいをするものだが、
今回、行ったのは僕だけであった。

 

もしかすると、前のお客さんの接客を
終えた後に、歯磨きとうがいを行なうことに
しているのかもしれない。

 

 

 

浴槽には、2分ほど一緒にお湯に浸かるのみ。

 

まぁ50分コースだからってのもあるのかも。

 

 

 

 

ベッドに腰掛ける2人。

 

制服の着用はなかった。

 

一緒に横になってキスをする。
ここではDKではなく、
唇を舌で軽く舐めていく感じである。

 

 

「どうしたい?」と聞かれたので、
まずはこちらから攻めることに。

 

今のキスで、DKはあまり得意ではないことを
察した僕は、乳首舐めから行うことにした。

 

 

彼女の豊満な胸を揉みしだきながら、乳首を舐める。

 

身体はほとんど反応していないが
喘ぎ声をあげてくれる彼女。

 

 

続いて、ク〇ニ→軽めの指入れ。

 

彼女はアソコが弱いという情報を
ブログ読者の方から聞いたことがあったので
指入れは相当軽めに行い、
ほとんど中で指を動かさなかった。

 

 

 

攻守交替で彼女の攻め。

 

僕の上に覆いかぶさってDK。

 

ここでのDKの濃厚さは標準レベルであり、
濃厚とは言えないが、浅いDKと言うほどでもなかった。

 

 

さらに乳首舐め。

 

優しく丁寧に舐めてくれて気持ちいい。

 

乳首開発を最近再開したこともあって
感度が上昇しているのか
思わず声をあげてしまう。

 

 

お腹あたりを中心にリップしてくれた後
フェ〇チオに移行。

 

パクッと咥えて、特に亀〇部を中心に
ノーハンドフェ〇してくれる。

 

 

その後、裏筋に唾液をつけてペロペロ舐める彼女。

 

 

以後、これの繰り返しで
すごく長い時間、丁寧にフェ〇してくれた。

 

 

 

 

「挿れる?」

 

 

「うん」

 

 

 

「ローションつけていい?」
と聞かれたので了承する僕。

 

 

まずは正〇位。

 

乳首を舐めながらだったり、
DKしながら動いてみたが、彼女の場合は
抱き合いながら動いている時が一番興奮した。

 

さらに、あ〇きさんの脚を抱えて突くと
「奥、気持ちいい!」との声が聴こえてくる。

 

 

僕もかなり気持ちよくなってきたので
騎〇位に体位を変更。

 

 

「ちょっと待ってね・・・」

 

 

「ん?」

 

 

あ〇きさんは先ほど使用したローションボトルを
取り出すと、僕のおち〇ちんにその中身を垂らした。

 

 

 

騎〇位は容赦なしの杭打ち高速激ピストンである。

 

通常、このレベルの高速ピストンをされると
瞬時に昇天してしまう僕だが、
今日はさほど大きな快感を感じない。

 

 

最初、それは騎〇位の際に
DKや乳首舐めがないことが原因だと思ったんだけど
そうではなかった。

 

再び体位を変更し、2度目の正〇位を行ったときに
僕は気がついたのである。

 

 

(あれ?さっきよりも気持ちよくない・・・)

 

1度目に行った、抱き合いながらの正〇位では
かなりの快感を感じたのに、2度目は気持ちよさが半減している。

 

 

 

(ローションのせいだ・・・!)

 

あ〇きさんは体位を変更する度に
ローションを使用するため、
今や僕は“寒天”の中におち〇ちんを
挿入しているような状態になっていた。

 

 

 

(これは・・ヤバいかも・・・)

 

快感の度合いを高めるために、
正〇位でかなり激しく動いていたせいで
僕の体力はすでに限界に近い。

 

時間も残りわずかである。

 

 

射精できずに終わるという最悪のシナリオが
頭をよぎった。

 

 

 

「あ〇きさん、ほんとにごめん。
もう一度、騎〇位やってもらっていい?」

 

 

2度目の杭打ち高速激ピストン。

 

僕は意識をおち〇ちんと、おま〇この
接合部へと集中させ、「気持ちいい」「気持ちいい」と
自分自身に暗示をかけ続けた。

 

 

 

その結果、徐々に射精感を蓄積させることに成功し
ついにフィニッシュ。

 

こうして僕はなんとか無事に
賢者タイムを迎えることができたのだった。

 

 

 

残りの時間は彼女とお話してまったりと過ごす。

 

 

なんとなく先ほどよりも
積極的に話しかけてくれるようになった気がする。

 

 

 

(あ〇きさんって人見知りするタイプだったのかな?)

 

心の中で僕はそう思った。

 

 

 

 

 

●感想

 

サービスに関しては正直言って
至って普通、という印象である。

 

本文中にも書いたが、DKの積極性はそこまで高くはなく
濃厚さも標準レベル程度。

 

フェ〇をとにかく一生懸命やってくれたのが唯一
印象に残ったぐらいかな?

 

 

なお、あ〇きさんはプレイ中にローションを多用していたわけだが
これは、彼女はアソコがもともと強くないそうで
仕方がないことであるようだ。

 

ちなみに、僕自身はローションを使用しても、全然かまわないと
思っているんだけど、今回はピストン運動による快感が
大幅に低下するほどの量を使用していたため
結構厳しい戦いを強いられることとなった。

 

 

 

それともう1つ。

 

彼女とのプレイ終了後に僕が頭の中で考えていたことがある。

 

それは「今日、僕が出会った“あ〇き”さんと、
入店直後の“あ〇き”さんとは同一人物であると言えるのか?」
ということだ。

 

 

彼女との会話の中で、彼女は

 

「本指名のお客さんの方が安心できるから
新規のお客さんよりも気が楽なの」

 

といったことを話していたんだけど、
これを聞いた僕は、入店直後で新規客が多かった頃の
彼女は一体どんな感じの女の子だったのか?
という点に興味を持つことになった。

 

 

正直な話、僕はあ〇きさんとのプレイや会話を通して
彼女から“初々しさ”を感じ取ることはできなかった。

 

それどころか

 

「彼女は19歳にしては、少しスレてしまっているな」という印象を
受けたことも事実である。

 

 

もしも、あのとき
彼女に入れていたら、ひょっとすると
全く異なる評価になっていた可能性もあるな、と僕は思う。

 

 

今となってはわからないことではあるんだけどね。

 

 

 

☆評価

 

総合満足度:4.2点/5点
ルックス:4.2点/5点
スタイル:4.4点/5点
サービス:4.0点/5点
嬢の印象:普通の女子大生・肌が色白で綺麗

-ソープ体験記


comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第80回ハニーコレクション「カ〇ン」

サッポロビール黒ラベルのキャッチコピーに 「丸くなるな、星になれ。」っていうのがあるよね。   最初目にしたときは 「ふーん」としか思わなかったんだけど 時が経つにつれて、だんだんと心に響く …

ソープ体験記・第15回ハニーコレクション「サ〇カ」

僕は美容室で髪を洗ってもらうことが好きだ。     洗髪台に仰向けになるように頭を乗せ 可愛いお姉さんに頭皮をマッサージしてもらいながら ゆっくり丁寧に洗ってもらえる幸せ。 &nb …

ソープ体験記・第37回ハニーコレクション「〇ユ」

「男は体でセックスをするが、女は心でセックスをする」     これは男性と女性のセックス観の違いを表現するために たまに用いられるフレーズであるが、僕は以前からこれを 疑わしく思っ …

ソープ体験記・第92回ハニーコレクション「ツ〇キ」

あの日、僕の気分は優れなかった。     三ノ輪へと向かう日比谷線の中でも 何度も溜息を漏らしていた。   今思えば、こんな状態で、お風呂遊びなんて するべきではなかった …

ソープ体験記・第56回全力!!乙女坂46「う〇」

僕はお風呂場の浴槽につかって温まっていた。       (ああ、彼女は良嬢だったなぁ。 プレイ内容もほぼ完璧で非の打ち所がない・・・)     そんな …

Author:DJ GACKTON

格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。