童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第91回ドルチェ 川崎校「〇ゆ」

投稿日:2020年3月18日 更新日:

「私、おっぱい大きくないんだけど大丈夫? がっかりしない?」

 

 

「大丈夫。おっぱいなんて飾りだよ!」

 

 

 

(中略)

 

 

 

「DJくんってドルチェではどんな子と遊ぶの?」

 

 

「うーんと、そうだね、この前は「あ〇き」さんに入ったよ。
あとは、〇〇〇さんと、〇〇〇さんにも入ってみたいと思ってる」

 

 

 

「おっぱい大きい子ばっかりじゃん!」

 

 

「う、うん、そういえば確かに。。
おっぱいなんて飾りです・・・」

 

 

 

「説得力ないwww」

 

 

 

 

 

●女の子について

 

今回遊んだのはドルチェ川崎校の「〇ゆ」さん。

 

ここ最近気づいたことなんだけど、どうやら僕は
ドルチェでは10代の若い子と遊ぶよりも、
22~23のややベテランの女の子と遊ぶ方が相性いいらしい。

 

そんなわけで、ずいぶん前からいつか入りたいと思っていた
22歳表記の「〇ゆ」さんを選んでみたのだった。

 

 

それではまずはルックスについて。

 

彼女のルックスは宣材写真から受ける印象とは少し異なる。

 

 

「〇ゆ」さんの実年齢はほぼ23歳であり、ロリ感はあまりないが
ルックスは美人可愛い系で僕の好みのタイプであった。

 

宣材写真はあまり参考にならない一方で
写メ日記の画像は実物にかなり近い。

 

具体的には1/7の13時30分の写メ日記が
彼女の特徴をよく捉えていると感じた。

 

 

次にスタイル。

 

「〇ゆ」さんは痩せており、素晴らしいボディラインであった。

 

おっぱいは小さめだが、まな板レベルではなく
余程のおっぱい星人でない限り、
満足できる体型を持っていると思われる。

 

 

 

●サービスについて

 

カーテンの前で対面した2人。

 

初対面ながら距離感を感じさせないように話かけてくれる。

 

やはり、ある程度接客に慣れている女の子の方が
プレイへの期待感が高まるなぁと僕は思った。

 

 

 

部屋に入り、コートをかけてもらう。

 

「〇ゆを選んでくれてありがとう! 今日は仕事帰り?」

 

 

彼女は雰囲気がすごく優しい感じである。

 

また、会話が途切れないように
いろいろな話題を次々と振ってくれてすごく楽しい。

 

 

話をしながら僕の服をテキパキと脱がせてくれる彼女。

 

 

「ここの床、熱湯が出てるから気をつけてね」

 

そう言って、僕を椅子まで案内してくれた。

 

 

お風呂場では体を軽く洗ってくれてすぐに浴槽内へ。

 

 

「潜〇鏡されるの好き?」と聞かれたので
「うん」と答える。

 

最初は小さかった僕のおち〇ちんは
次第に大きくなっていった。

 

 

 

ベッドへと移動し、セーラー服を着てもらう。

 

「電気どうする?」と聞かれたので
わずかに暗くしてもらった。

 

個人的には明るくてもいいんだけど、
えっちなことをする雰囲気としては
少し暗めの方が臨場感が出る気がするんだよね。

 

 

 

彼女と一緒に添い寝するような体勢でDKを行う。

 

キスはお互いの舌を舐め合う感じで
かなり濃厚であった。

 

 

ここからは「〇ゆ」さんの攻めで

 

乳首舐め→フェ〇チオの典型的な流れ。

 

 

フェ〇は普通に咥えて上下に口を動かすタイプである。

 

 

「ここ舐めていい?」

 

と確認をとった後、僕の“タマタマ”も舐めてくれた。

 

 

その後、僕の隣で添い寝するような形となり
この状態で乳首舐め手コキ。

 

手コキは軽めであるが、それがかえって気持ち良い。

 

 

 

このままいくと挿〇の流れになってしまいそうだったので

 

「自分も攻めていい?」と聞いて
攻めさせてもらう。

 

 

DKしながらセーラー服の上を脱がせ、
乳首を舐めつつ、おま〇こを手でさわさわする。

 

(あれ・・・?)

 

どういうわけか、膣口の位置を指で探り当てるのに
少し時間がかかった。

 

 

ク〇ニからの軽い指入れとク〇舐めを行う僕。

 

アソコに僕の舌が触れる度に
えっちな喘ぎ声を出してくれるので興奮してくる。

 

 

 

ここで再び攻守交替。

 

僕の乳首を舐めてくれて、スキン装着。

 

「どの体位がいい?」と聞かれたので
「最初は騎〇位で」と答えた。

 

 

動きは序盤から速めの上下ピストン。

 

早漏の方の場合、一気に射精に至ってしまうレベルの
動きであったが、実は2日前の夜に一発抜いていたこともあり
なんとか耐えることができた。

 

上下ピストンをしばらく続けた後、
グラインドでグリグリと縦方向の動きをしつつ
同時に乳首舐めやDKを行ってくれる。

 

 

正〇位に体位変更。

 

まずは普通に動く。続いて、体を前に倒してDK。

 

乳首を舐めながら、抱き合いながらピストンを行うが
動いているうちに、もっと深く突きたいという
衝動に駆られてきた。

 

そこで、彼女の両脚を肩に乗せて
ゆっくりと動くことに。

 

 

「奥まで入ってる!気持ちいい!」

 

先ほどよりも大きい喘ぎ声である。

 

 

 

体力を消耗してきたので、再度、体位を騎〇位に変更。

 

「パチン!パチン!パチン!」

 

M字開脚の体勢からの高速杭打ち騎〇位で
徐々に追い詰められていく僕。

 

2日前の夜に射精していても、さすがに
これほどの高速杭打ち騎〇位には耐えられない。

 

それでもなんとか2分ぐらいは頑張ってみたけど
押し寄せる快感には抗うことができずフィニッシュ。

 

 

「〇ゆ」さんは僕のおち〇ちんを触りながら
「この子ほんとに気持ちよかったよー」と
息子を褒めてくれた。

 

 

 

賢者タイム中も、ずっとイチャイチャな感じで
添い寝しながらトーク。

 

 

体を洗ってもらって、ベッドに戻ると
すでに時間を過ぎてしまっていたが
彼女は最後まで時間を全く気にすることなく接客してくれた。

 

 

 

そのような彼女の心遣いが僕には
すごく嬉しかった。

 

 

 

 

 

●感想

 

プレイ内容に関しては特筆すべきことはない。

 

しかし「〇ゆ」さんは現在のドルチェ川崎校における
屈指の人気嬢であり、僕自身も大きな満足感を得ることができた。

 

その理由として、彼女は「お客さんを満足させてあげよう」
という“奉仕の精神”を持っていることが挙げられる。

 

 

 

「〇ゆ」さんに入ったお客さんの中には
「プレイの内容は標準よりもやや上のレベル程度だけど
結局のところ、すごく満足できた」といった感想を持つ
方が一定数いると僕は推察している。

 

これは彼女による“奉仕の精神”を
知らず知らずのうちに受け取っているからに他ならない。

 

 

 

「わたし、当欠だけは絶対にしないようにしてるんだ」

 

と彼女は言っていたが、この彼女の言葉を聴いた瞬間
僕は「〇ゆ」さんの人気の秘密を理解できた気がした。

 

 

閑散期とコロナウイルスの影響で厳しい状況のなか
女の子としては、少しでもお客さんのリピートを増やすために
「〇ゆ」さんの精神を参考にして頑張ってみるのも
悪くはないのでは、と僕は考える。

 

 

 

☆評価

 

総合満足度:4.8点/5点
ルックス:4.7点/5点
スタイル:4.8点/5点
サービス:4.8点/5点
嬢の印象:トーク力が高い・奉仕の精神を持つ

-ソープ体験記


  1. oin-freak より:

    ツイートもしましたが、ハニコレすっかり御無沙汰なのがちょっと寂しいです……。そして、川崎を主戦場とされながらエデンには行かれていないようですが(あるいは行ったことはあるけどレポしていない?)、あまりお気に召しませんか。コスプレを頼むとデフォルトで萎えな萎えな紙パンツになってしまうのが嫌で、私もずっと行っていなかったんですが、どうやら廃止されたとか。久々に行ってみようかな。
    ちなみに、同店の「○○」さんは上記期間中もこちらのお願いを受け入れ、自前のパンティに穿き替えてくれた、とってもいい子です(笑)。よかったら入ってみてください。

    • DJ GACKTON より:

      >oin-freakさん

      エデンは紙パンツの件が頭に引っ掛かっていて自分も行ってませんでした笑
      廃止されたとは本当ですか!でしたら行ってみます!笑
      〇〇さん、いいですね!(大人の都合上、伏字にしています、すみません。。)
      そこまで気が利くならサービスも期待できそうです。
      実はエデンには以前から気になっていて注目している女の子がいるので
      久々に行ってみようかなと思います。情報ありがとうございました!

comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第38回メイドマスター「め〇」

僕はマツコ・デラックスが好きだ。     “月曜から夜ふかし”や“マツコ&有吉 かりそめ天国” “夜の巷を徘徊する”といったマツコ出演番組に関しては 録画して毎週見るように …

ソープ体験記・第68回エレガンス学院「川〇」

あの人とは「波長が合う」とか「波長が合わない」という 言い方を耳にする機会はよくある。   ここでの「波長が合う」というのは どのような意味なのか、考えたことがあるだろうか?   …

ソープ体験記・第31回メイドマスター「みや〇」

職場での休憩中、 僕は同僚とダイエットの話をすることがある。     「今年の夏は海に行きたいから5キロ減量する!」とか 「痩せてるのに大食いの人の体ってどうなってるんだろうね」と …

ソープ体験記・第55回エレガンス学院「み〇み」

僕は“ラゾーナ川崎プラザ”4階に設置されたベンチに座っていた。     何をするわけでもない。   ただ目をつむって時が経つのを待っていたのだ。   &nbsp …

ソープ体験記・第24回ハニーコレクション「〇〇〇」

ソープで遊んでいるとたまに女の子にこんなことを言われる。     「DJくんってピアノ習ってた?」     僕は中学生の頃、一時期、吹奏楽部だったので 金管楽器 …

Author:DJ GACKTON

格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。