童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第100回ドルチェ 川崎校「ひ〇こ」

投稿日:2020年6月6日 更新日:

『ありがと』

 

このたった一言で、僕たちは救われる。

 

 

女の子側にはわからないかもしれない
“客側の気持ち”。

 

 

感謝の気持ちを書いて欲しいんじゃない。

 

女の子が退勤後に何もお礼を書かなかったら
不安に思ってしまうんだ。

 

 

「もしかして、僕のせいで
女の子に嫌な思いをさせてしまったんじゃないか」ってね。

 

 

“彼女”は、そんな男の気持ちをよくわかっていた。

 

 

 

 

 

●女の子について

以下の表は、今から約2年前にドルチェ川崎校に在籍していた
嬢の中から、当時の僕が独断と偏見で
良嬢候補を抽出し、まとめたものである。

 

tobita2

 

ちなみに、この時点では、僕はまだドルチェ川崎校を一度も
訪れておらず、宣材写真とプロフィール、写メ日記などの
わずかな情報を頼りにして、入るべき嬢を検討していた。

 

具体的には、左端の番号のセルがオレンジ色に
塗り潰されている嬢に入ろうと思っていたわけであり
その候補は5人。

 

結果として、僕が誰に入ることになったのか、については
昔から当ブログを読んでくださっている方であれば
知っていることだろう。

 

 

だが、実はこの中に出勤時間の都合さえつけば、
初のドルチェ利用の際に入りたいと思っていた
嬢が1人おり、2人の女の子のどちらにしようか
ずっと迷っていたことについては、これまで語ったことがない。

 

それこそが今回、僕が入った「ひ〇こ」さんだったのである。

 

運命とは実に皮肉なものだ。

 

 

 

それでは、まずはルックスについて。

 

ひ〇こさんのお顔は僕が中学生だった頃の
担任の数学の先生にそっくりであり
今でもはっきりと顔を思い出すことができる。

 

彼女は宣材写真や写メ日記の画像から想像できるような
女の子とは異なっており、
“可愛い系”というか“幼い系”であるという印象を受けた。

 

 

ショートカットがよく似合うお顔で、実年齢よりも
かなり若く見られそうな感じがする。

 

例えで言うと、“ちびまる子ちゃん”のまる子を
美形にしたようなイメージかな?

 

目力があり、ニコッとしたときの
笑顔が特に可愛かった、という印象が強く残っている。

 

 

次にスタイル。

 

ひ〇こさんのスタイルは細く、小柄なロリ体型であるが
おっ〇いは大きく、巨乳である。

 

これを見た僕は
「明らかに身体の細さに不釣り合いなおっ〇いだな」
と思わずにはいられなかった。

 

 

 

●サービスについて

(ROOMSの1階の部屋って初めてだな・・・)

 

そんなことを思いながら
角を曲がると「ひ〇こ」さんの姿があった。

 

 

 

想像していた女の子と違う。

 

美人系というよりも可愛い系
いや、幼い系と呼ぶのが相応しい。

 

 

靴を脱いでお部屋に入り、荷物を下ろして
ベッドに腰掛ける僕。

 

 

ここはかなり広い部屋だ。

 

構造は川崎エデンの部屋と似ているが、
広さは2倍ぐらいある。

 

 

ベッドに座って、予約をとるのがどれだけ大変だったか、とか
ドルチェ川崎校で初めて入ろうと思ったのが、ひ〇こさんだった、
などといった話をした。

 

 

しばらくして「シャワーいく?」とのことで
服を脱がせてくれる彼女。

 

僕も彼女のスカートを脱がすのを軽く手伝う。

 

ちなみに、スカートはMサイズだったようで、
彼女にはブカブカであった。

 

 

体を洗ってもらった後、浴槽内で
歯磨きとうがい。

 

それを終えると、彼女が顔を近づけてきた。

 

舌と舌を絡ませ合う濃厚なDKだ。

 

DKをしている状態で僕は彼女の美巨乳を揉みしだき、
彼女は僕のアソコをサワサワする。

 

僕の息子はどんどん大きくなっていった。

 

 

浴槽の淵に頭をつけて、潜〇鏡。

 

舐め方は咥えて上下の動きが中心だが、
横からもペロペロ舐めてくれて気持ちいい。

 

 

ここで、カッチカチになった肉棒を手に取る彼女。

 

その数秒後には、僕のアソコは
2つの大きな脂肪の塊によって挟まれていた。

 

パイ〇リなんてしてもらったのは久しぶりだ。

 

彼女ぐらいの巨乳ならこれぐらい余裕でできてしまう。

 

 

 

お風呂から上がり、体を拭いてもらってベッドへと移動。

 

セーラー服を着てくれる、ひ〇こさん。

 

 

(・・・来て・・・)

 

声が聴こえた。

 

 

彼女の心の声だ。

 

それに従い、僕は彼女に顔を近づけてDKを行う。

 

 

先ほどよりも濃厚で、
舌を激しく絡め合うレベルであった。

 

 

そのまま彼女の上に乗ってスカーフをはずし、
セーラー服の上着のファスナーを下ろした。

 

目の前に現れた巨大な膨らみに無我夢中でむしゃぶりつく僕。

 

乳首を優しくぺろっと舐めると
反応して可愛らしい声を上げてくれる、ひ〇こさん。

 

その状態でおま〇こを指でサワサワし、
上半身から下半身へと舌を這わせてク〇ニ。

 

 

ペロペロゆっくり舐めて、おま〇こがほぐれてきたところで
本当に少しずつ少しずつ指を入れていく。

 

指を入れたまま、ク〇を舐めてみると
かなり感じている様子。

 

指がキュッキュッと締め付けられた。

 

 

 

ここで攻守交替で、僕が寝っ転がることに。

 

まずは、超濃厚DKをしてくれた後、乳首舐め。

 

舐め方は唾液をいっぱいつけて舐める方式で
僕が感じているのを察知したためか、
かなり長時間にわたって、丁寧に舐めてくれた。

 

特に、舌を下から上へと這わせるように
舐めてくれたのがかなり気持ちよかった。

 

 

上半身にリップ攻撃を加えた後、フェ〇チオ。

 

こちらも、乳首舐めの時と同様に
唾液をいっぱいつけて舐める方式。

 

動きは潜〇鏡と同じで咥えて上下が中心で
かなり長い時間(5~6分ぐらい)続けてくれた。

 

 

 

「ゴムつけるね」

 

僕の上に跨る彼女。

 

 

騎〇位の体位でゆっくりと挿〇していく。

 

最初はゆっくり目のグラインドと上下ピストンだったので
余裕で耐えられると思っていた。

 

調子に乗って目の前にあるおっ〇いを揉みしだく。

 

 

ところが、彼女が上下ピストンと同時に乳首を舐め始めると
だんだんと意識が朦朧としてきて、
大きな喘ぎ声をあげてしまった。

 

これでスイッチが入ってしまったのかもしれない。
彼女の動きが一気に激しくなる。

 

激しめの上下ピストンに加えて、超濃厚DK。
彼女の舌が僕の口内に侵入してくる。

 

 

「だめ!気持ちいい!!イッちゃう!!」

 

僕が泣きそうな声で叫ぶも、それは、ひ〇こさんの動きを
より一層激しくするだけであった。

 

 

彼女は僕の体を「ぎゅーっと」強く抱きしめ、
首元に頭をくっつけてくる。

 

その状態で下半身のみ激しく上下させてきた。

 

 

「ひ〇こさんダメ!!イッちゃうから!!」

 

必死に叫んだことが功を奏したのか、
一度は動きがゆっくりになった。

 

 

だが、しばらくして再び乳首舐め高速ピストン開始。

 

 

「我慢できない・・・」

 

 

前日、別の嬢と遊んでいたため
簡単には射〇に至らないと思っていた僕が甘かった。

 

彼女の驚異の騎〇位テクの前にあえなくノックアウト。

 

 

フィニッシュを迎えた後も
ひ〇こさんはゆっくりと動き続ける。

 

子どもが母親に泣きつくような情けない声を発しながら
彼女の身体に頭をくっつける僕。

 

彼女は僕の体を抱きしめて、DKをしてくれた。

 

乱れた呼吸が落ち着くまで、挿〇した状態のまま
ずーっと抱きしめ&DK。

 

 

その後は10分前のアラームが鳴るまで添い寝してくれる。

 

 

キスをしてくれたり、話をしながらイチャイチャしてくれたり
しながら過ごして、あっという間に時間はすぎていった。

 

 

退出時にも、お部屋の外で抱き合ってDK。

 

僕の姿が見えなくなるまで、
彼女は笑顔で手を振ってくれていた。

 

 

 

●感想

帰りにフロントでアンケートを書いているとき
店員さんが「ひ〇こさんはすごく人気がある女の子ですからねー
次回は15時から予約できますよ!」と話してくれた。

 

(15時からの予約でも結構厳しいんじゃないか・・・)
と心の中で思ったのは秘密だが、実際に入ってみたことで
ひ〇こさんの人気の秘密がわかった気がする。

 

 

ひ〇こさんは、身体が細くておっ〇いが大きいという
抜群のプロポーションの持ち主ではあるが
それは彼女の魅力の一部に過ぎない。

 

個人的には、プロポーションが良いことよりも
サービスレベルが非常に高く、
手抜きなどを一切してこないことの方が重要であると思った。

 

 

例えば、DKに極めて積極的で、かつ濃厚な彼女であるが、
これはプレイの一場面に限ったことではない。

 

フィニッシュを迎えて、ベッドでぐったりしている際にも
何度も何度もDKをしてくれて、
ものすごく心が満たされる感じがした。

 

 

最後の最後まで、お客さんを満足させてあげようとする
気持ちを持っているからこそ、彼女はここまでの
人気嬢になることができたのであろう。

 

 

 

☆評価

総合満足度:4.9点/5点
ルックス:4.5点/5点
スタイル:4.9点/5点
サービス:4.9点/5点
嬢の印象:笑顔が可愛い・細いのに巨乳・サービス抜群

-ソープ体験記


comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第66回アフタースクール「〇な」

DJ GACKTONは悪 だった。           昔の話だ。   僕はみんなに嘲笑され、虐げられながら生きてきた。   &n …

ソープ体験記・第80回ハニーコレクション「カ〇ン」

サッポロビール黒ラベルのキャッチコピーに 「丸くなるな、星になれ。」っていうのがあるよね。   最初目にしたときは 「ふーん」としか思わなかったんだけど 時が経つにつれて、だんだんと心に響く …

ソープ体験記・第107回アフタースクール「ま〇り」

「今日はありがとう!選んでくれて嬉しい!」   お部屋に入ると、彼女はそう言って僕を抱きしめてくれた。       「僕も、ま〇りさんに会えて嬉しい!」 &nb …

ソープ体験記・第38回メイドマスター「め〇」

僕はマツコ・デラックスが好きだ。     “月曜から夜ふかし”や“マツコ&有吉 かりそめ天国” “夜の巷を徘徊する”といったマツコ出演番組に関しては 録画して毎週見るように …

ソープ体験記・第25回ハニーコレクション「〇イ」

乃木坂46にはヒット曲が足りない。     僕は昔からそう思っている。   ヒット曲が足りないとは言っても 2017年に発売された「インフルエンサー」などの シングル曲は …

Author:DJ GACKTON

格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。