童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第103回川崎セシル「〇オ」

投稿日:2020年6月29日 更新日:

フロリダ半島の先端、プエルトリコ、バミューダ諸島
これら3つの地点を結んだ三角形の海域は
“バミューダトライアングル”と呼ばれる。

 

この海域においては、通過中の船や、上空を飛行中の飛行機が
突如として、何の痕跡も残さずに消えてしまう、という
「伝説」が残されていることはあまりにも有名な話である。

 

超常現象を扱うテレビ番組等での報道によると
消息を絶つ直前にコンパスや計器の異常を示す兆候がある
とされているが、記録によると、実際のところは
ハリケーンなどの悪天候時に発生した事例や
操縦ミス、計器の確認ミス等がほとんどであり、
船や飛行機などの遭難件数が他の一般的な海域よりも
多いという事実は存在しないことが知られている。

 

この例からもわかる通り、「伝説」や「伝承」といった類のものは
事実の誤認や歪曲、誇張によるケースが多くを占め、
その裏では人々の興味や関心を煽ろうとする作家、
超常現象の支持者の暗躍が見られる。

 

私たちは、これらを理解した上で事実を読み解かなければならない。

 

 

僕自身も「伝説」といったモノには昔から否定的な立場で
いるわけなんだけど、あの時出会った“彼女”については
さすが「伝説」と言われるだけあるなぁ、
と感心せざるを得なかったのである。

 

 

 

●女の子について

今回遊んだのは川崎セシルの「〇オ」さん。

 

彼女は“全国ミスヘブン総選挙2018 総合第2位”の女の子であり
以前から川崎セシルに在籍していることは知っていたが
電話予約が非常に大変だということもあり
予約合戦に参加しようという気が起こらないでいた。

 

そんなある日、何度も〇オさんに入っているブログ読者の方が
「最近、〇オさんのネット予約が解禁された」という
情報を教えてくれたことで、これまで以上に興味を持ち
予約に踏み切ったわけである。

 

 

それではまずはルックスについて。

 

〇オさんのルックスは綺麗系ではあるが、
可愛い系の要素も少し入っているお顔をしている。

 

宣材写真や写メ日記の画像を見る限り
失礼ながら、結構年配の女性なのかと思ったが、
実際はそうでもなく、美しいお姉さんといった感じであった。

 

 

次にスタイル。

 

スタイルは太めかなぁと想像していたが、
そんなことはなくスレンダーな体型であった。

 

〇オさんは身長が170 cm以上と高身長であるため
身体に多少お肉がついていても、
通常よりもスタイル抜群に見える、
といった利点があるように思われる。

 

おっ〇いは柔らかい。
大きさはDカップ相当であるように感じた。

 

 

 

●サービスについて

 

階段の前で彼女に出会った僕。

 

(背高い!)

 

思わず、心の中で呟いた。

 

ヒールを履いていることもあり、僕よりも
圧倒的に背が高いように感じる。

 

 

手を繋いでお部屋に入りトーク。

 

〇オさんは“川崎の伝説”と評されることもある嬢であり
「一体どんな女の子なんだろう?」と、
最初やや緊張していた僕だったが
想像以上に優しく、すごく気さくに話しかけてくれて、
出会ってすぐに仲良くなれたような気がした。

 

 

川崎ソープの事情に詳しい〇オさん。

 

元ドルチェ〇りさんの話や、
乙女坂の女の子の話で盛り上がる。

 

 

少しして、すぐに服を脱がせてくれた。

 

彼女は自前のセクシーな衣装を着ており
それが、スレンダーボディにすごく似合っている。

 

後ろのファスナーを下ろし、さらにブラのホックをはずす僕。

 

 

お互い全裸になると、お風呂場へと移動した。

 

おっ〇いを使って軽めのボディ洗いをしてくれる。

 

浴槽内では潜〇鏡はなかったものの、
「おっ〇い触って」と言って
僕におっ〇いを触らせてきた。

 

 

(柔らかい・・・)

 

そんな感じで、感触を確かめているとDKしてくる〇オさん。

 

 

濃厚さは結構大きく、キスがエロい感じがする。

 

また、DKと同時に手でおち〇ちんを刺激してきた。

 

僕の息子はあっという間に成長し、肥大する。

 

 

「ヌルヌルするね」と彼女。

 

DKしただけで我〇汁が溢れ出てくるとは
我ながら恥ずかしい限りである。

 

そしてまた彼女、お湯が入った浴槽の中で、我〇汁のヌルヌルの感触を
感知してしまうとはさすがだと感じた。

 

 

 

お風呂からあがり、ベッドに2人で寝転がる。

 

いよいよプレイ開始。

 

まずはDKをしてくれて、次に乳首舐め。

 

非常にソフトな舐め方なんだけど、気持ちいい。
彼女の唾液で僕の乳首はびちょびちょになった。

 

さらに上半身リップを経て、フェ〇チオ。

 

 

何を隠そう、このフェ〇チオでこそ
僕は彼女の真価を知ることになる。

 

おち〇ちんの裏筋を舌で優しくすーっと舐めてくれる〇オさん。

 

なんとも言えない快感が全身を駆け巡る。

 

さらに唾液をいっぱい垂らしてぐちゃぐちゃになった僕のアソコを
口に含み、本当に優しく上下に動かす彼女。

 

温かくて、絶妙な力加減で繰り出されるフェ〇チオに
僕は昇天しそうになった。

 

 

(同じフェ〇でもここまで違うのか・・・)

 

僕は思った。

 

言うなれば、普通の嬢が行ってくれるフェ〇を
回転寿司の寿司だとすると、彼女のフェ〇は
銀座にある高級寿司店の職人が丹精込めて握った寿司なのである。

 

 

さらにここに乳首弄りが加わると、
もはや一瞬たりとも気を抜くことができない。

 

ひとたび快感の波に飲み込まれれば最期。
僕のおち〇ちんから彼女の口の中へと
何かが流れ出し、ゲームセットになってしまうからだ。

 

 

顔を歪め、泣きそうな声をあげて必死に耐える僕。

 

彼女がフェ〇チオを終えて、再び、乳首舐めを開始した頃には
僕のおち〇ちんはベチョベチョのぐっちゃぐちゃになっていた。

 

 

「今度はわたしを舐めて」

 

「うん」

 

 

寝転がった彼女の上に乗り、まずはDK。

 

舌をしっかりと絡めてくれる。

 

続いておっ〇いを揉みながら乳首舐め。
さらに、胸を舐めつつ手でおま〇こを刺激し、
そのままク〇ニへ移行。

 

僕も唾液をたっぷりつけながらク〇ニを行った。

 

 

クリ〇リスがやはり感じるようで、ク〇を舐めているだけで
大きな喘ぎ声を出してくれる。

 

そこで指を挿れて軽く動かしながらク〇舐めをしていると
腰がビクンビクンとしてイッた感じになっていた。

 

 

指を抜くと「挿れたい」と彼女。

 

再び乳首舐めとフェ〇チオをしてくれて
スキン装着を装着し、まずは騎〇位を行う。

 

 

身体をこちらに倒した状態での、ゆっくり目の上下ピストンと
グラインドの動きが中心であり、なんとか耐えられるレベルである。

 

 

指で乳首を弄りながら動いてくる〇オさん。

 

これはかなり気持ちいい。

 

途中でおっ〇いにむしゃぶりついたりしながら快感を楽しむ。

 

 

DKをしながら動いてくれた後、
体を起こしてM字開脚の状態での上下ピストン。

 

 

「うううう・・・それヤバい・・・」

 

アソコもかなり濡れているようで
上下に動くたびに“ぐちょぐちょ”と卑猥な音がしてきた。

 

 

さすがにこのままでは30秒ももたないため
正〇位に体位変更。

 

僕が上になり、ゆっくりと挿〇。

 

 

普通に動くだけでも、かなりの快感を感じる。

 

少しでも動きを速めると、即座に射〇に至ってしまいそうだ。

 

そのため、濃厚なDKをしたり、
乳首を舐めながらゆっくりゆっくり動いた。

 

 

(長身の女の子でこれやったらどうなるんだろう?)

 

と心の中で思った僕。

 

彼女の脚を持ち上げて肩に乗せて動いてみた。

 

 

「あああ!!奥当たってる!気持ちいい!!」

 

先ほどとは比較ににらないほどの大きな喘ぎ声を出す〇オさん。

 

 

ただ、これほどまでに反応してくれると、
僕もイキそうになってしまう。

 

 

彼女とのフィニッシュはやはり騎〇位でイキたいと思っていたので
最後にもう一度、彼女に上になってもらうことに。

 

僕を抱き締めながら動いてくれるので、興奮度はすでにMAXだ。

 

〇オさんのおっ〇い、乳首が僕の胸に触れているのがわかる。

 

 

「おち〇ちん、硬くて気持ちいい!」

 

そう叫ぶ彼女。

 

 

最初はゆっくりだったピストン運動が、次第に速度を増してきた。

 

 

「ぅぅぅううううあああああ・・・・」

 

もはやうめき声しか発することができない。

 

 

 

「だめ・・・イク・・・・」

 

あえなくフィニッシュ。

 

 

イッた後もしばらく動き続けてくれていたので
〇オさんに抱きついて頭を身体にくっつけた。

 

優しく抱きしめてくれる彼女。

 

 

「いっぱい出たね!」

 

スキンをはずして、ティッシュで拭いてくれる。

 

 

 

「プルルルル!」

 

ここでちょうど10分前のコールが鳴った。

 

 

 

お風呂場へと移動し
トークを行いながら、体を軽く洗ってもらう。

 

 

一番最初に彼女と話したときにも思ったが
彼女は川崎のソープ事情にかなり詳しい。

 

まるでブログ読者の方々と良嬢について情報交換をしていると
錯覚してしまうほどであった。

 

 

それもそのはず。

 

彼女は帰りの電車の中で、いろいろなお店の女の子の
在籍表を確認したり、写メ日記の「みたよ!」を返しているのだそうだ。

 

 

 

部屋を出て、階段の下で彼女とお別れ。

 

DKをしてくれた後、僕は待合室の方へと歩み出す。

 

最後まで笑顔でこちらに手を振ってくれる〇オさん。

 

 

(やっぱり“伝説”と言われるだけあるなぁ)

 

彼女と別れた後、心の中でそう思った。

 

 

 

●感想

“全国ミスヘブン総選挙2018 総合第2位”は納得だな、
と感じる女の子であった。

 

〇オさんは、よくお客さんに“ミュウツー” “必殺仕事人”などと
呼ばれ、いじられるそうであるが、
それは、彼女のすごさを形容した表現であるのだろう。

 

 

サービスに関しては、全体的に濃厚であり
特に乳首舐めやフェ〇の舐め方が突出して素晴らしく
最高峰の舐めテクを持っていると言える。

 

ルックスに関して言えば、彼女は美人系ではあるが
性格が可愛くて気さくであるために
美人系の子にありがちな話しづらい雰囲気が全くなく
容易に仲良くなれる感じがする。

 

 

このように、〇オさんはプレイはもちろん
会話に至るまで、全てが高い水準にあり、
あらゆるタイプのお客さんを十分に満足させるだけの
力を持っていると思われる。

 

予約はなかなか大変かもしれないが、
川崎セシルのネット予約は新規でも意外とチャンスがあるので
興味がある方は、ぜひ彼女と遊んでみてほしい。

 

 

 

☆評価

総合満足度:4.9点/5点
ルックス:4.7点/5点
スタイル:4.8点/5点
サービス:4.9点/5点
嬢の印象:美人・気さくな性格・フェ〇が上手

-ソープ体験記


comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第82回ハニーコレクション「〇リ」

カーテンが開かれて、いよいよ彼女とご対面。     その瞬間、正直な気持ちが僕の口から飛び出てしまった。       「思っていた感じと違う・・・」 …

ソープ体験記・第19回ハニーコレクション「ユ〇ノ」

僕は自分に自信を持てない子どもだった。     勉強はできる方ではなかったし、 スポーツだって得意ではなかった。   体も弱くて病弱。 メンタル面も強くはない。 &nbs …

ソープ体験記・第107回アフタースクール「ま〇り」

「今日はありがとう!選んでくれて嬉しい!」   お部屋に入ると、彼女はそう言って僕を抱きしめてくれた。       「僕も、ま〇りさんに会えて嬉しい!」 &nb …

ソープ体験記・第85回セレクション「Ko〇〇gi」

僕が通っていた小学校は宿題を多く出される学校だった。     算数と国語の授業ではほぼ毎日、宿題をやってくるように言われ それを朝の会の時にまとめて提出。   やってこな …

ソープ体験記・第42回ドルチェ 川崎校「平野(仮名)」

僕は食べかけのラーメンをじっと見つめていた。       「・・・」     喉が何かで塞がれている感じがして 全く食欲が出ない。   &n …

Author:DJ GACKTON

格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。