童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第104回川崎セシル「〇み」

投稿日:

『京都か奈良どっちが好き?』と問われたなら
僕は“奈良”と答えることにしている。

 

その理由は、幼い頃に京都のゲーセンで
不良にカツアゲされたから ではない。

 

京都よりも奈良の方が雰囲気が穏やかだからである。

 

 

京都を代表する観光名所である
“金閣寺”や“清水寺”を思い浮かべてほしい。

どちらも、観光客で毎日ごった返している。
(今はコロナの影響で以前よりは人が少ないけど)

 

これだけの数の人間に囲まれると、
せっかく京都にまで来ているのに、東京の新宿に
いるのと何ら変わらない精神状態になってしまうのは
僕だけではないはずだ。

 

 

そんな理由で、僕は京都よりも奈良を好んでいるわけなんだけど
1つ、奈良よりも京都の方が好きな“もの”がある。

 

それは“言葉”だ。

 

京都弁の上品で可愛らしい雰囲気が
妙に僕の琴線に触れるのである。

 

 

ちなみに、最近、僕は京都弁を話す女の子と出会った。

 

川崎のお風呂屋さんでの出来事だ。

 

 

 

●女の子について

今回遊んだのは川崎セシルの「〇み」さん。

 

この前日、別のお風呂屋さんでちょっと辛いことがあり
(嬢が退店しているため、レポは書かなかったけど。。)
それによって負った心の傷を癒すため、彼女を予約したのだった。

 

 

それではまずはルックスについて。

 

〇みさんの表記年齢は24歳であるため
10代の女の子ほど若くはないんだけど、
ルックスレベルは高めで可愛い。

 

宣材写真から受ける印象とは違って
優しく、おっとりとした感じがした。

 

 

次にスタイル。

 

スタイルは標準的で悪くない。

 

おっ〇いは普通よりもやや大きめかな?

 

 

 

●サービスについて

 

カーテンが開かれると、目の前に
レースのドレスを着ている、〇みさんが立っていた。

 

手を繋いで階段を上りお部屋へ。

 

 

飲み物を聞かれたので、りんごジュースをお願いすると
外から持ってきてくれた。

 

「なんで私を選んでくれたの?」

 

 

「実は・・・」

 

 

ベッドに腰を下ろして、昨日お風呂屋さんで起きた
出来事について話す僕。

 

 

「辛い目に遭われはったんやね」

 

彼女は僕の心情を読み取り、同情してくれた。

 

 

 

いろいろ話をしてくれた後、お風呂場へ移動。

 

椅子に座り、ボディソープで体を洗ってもらう僕。

 

 

「あれ?」

 

ふと浴槽を見ると、お湯が入っていない。

 

ソープでお湯が入ってないのは結構珍しい。
おそらく50分コースであるため、ベッドでの
プレイ時間を最大限にとれるようにするための配慮だろう。

 

 

 

お風呂からあがり、ベッドへ。

 

まずは僕が横になり彼女の攻めから。

 

DKをしてくれる、〇みさん。

 

濃厚さは標準レベルぐらいかな?

 

 

「胸、感じる?」

 

「うん」

 

 

乳首舐めは強烈な刺激を加えてきて気持ちいい。

 

我慢していても思わず声が漏れ出てしまう。

 

 

「気持ちいい?」

 

「うん」

 

 

続いて、上半身に軽めのリップをしてくれた後
ニコニコしながらフェ〇チオ。

 

フェ〇は咥えて上下に動かすパターンで典型的である。

 

結構長い時間、丁寧に行ってくれた。

 

 

と、このままいくと、こちらが攻めるタイミングを
逃してしまう可能性があったため、

 

「気持ちいい・・・あ、待って!今度こっちが攻める!」

 

と言って攻守交替してもらう。

 

 

 

僕が上になり、まずはDK。

 

濃厚さは先ほどよりもアップしており
より一層濃厚になっていた。
舌をしっかり絡ませ合うレベルだ。

 

 

続いて乳首を舐めていく。

 

小さな喘ぎ声を出してくれる彼女。

 

そのまま指で、おま〇こを刺激。

 

 

下半身の方へと移動し
ク〇ニを優しく行っていると少しずつ濡れてきた。

 

また、クリ〇リスは硬く勃起しており、
舌ではっきりとそれを感じ取ることができるため
舐めていて興奮してくる。

 

指をゆっくりと入れつつ、同時にク〇舐めを行うと
いよいよ、〇みさんの喘ぎは最高潮に達した。

 

 

 

ひと通り、攻め終わって、もう一度ベッドに寝転がると
「ゴムつける?」とのことで、彼女が上になる。

 

騎〇位は上下ピストンとグラインドの中間ぐらいの動きであり
射精感の蓄積はさほど大きくはない。

 

 

しかも、今日の僕は前日の夜に一度射〇してしまっているわけである。
そんな簡単にイキそうになるわけない・・・

 

・・・はずだったのだが、
唾液をペロッとつけた指で乳首を延々と刺激されつつ
長時間、騎〇位で動かれると
さすがに気持ちよくなってきてしまった。

 

 

「気持ちいい・・・ちょっと待って」

 

と言って、一度ストップしてもらい
休憩を挟んでもう一度動いてもらう。

 

 

これ以上、耐えるのは難しいと判断したところで
彼女の身体を抱きしめて、正〇位に変えてもらった。

 

 

普通にゆっくりとしたピストン運動を行っていると、
やはり指で乳首を刺激してくる彼女。

 

乳首を意識すると一気に射精に至ってしまうため
できる限り考えずに無心で動く僕。

 

 

さらに彼女の太ももを持ち上げた状態での激しめのピストン。

 

パン!パン!パン!

 

 

「あ、あんぁぁあぁぁんん!!」

 

彼女の喘ぎ声はさらに大きくなった。

 

 

濃厚なDKをしながら動いた後、
〇みさんと抱き合いながら動く。

 

 

やはりルックスが自分好みの女の子と抱き合いながら
動いていると興奮度が違う。

 

しかも可愛い喘ぎ声を出してくれることで、
その興奮はさらに増幅される。

 

 

30秒ほどでフィニッシュ。

 

イッた後はDKをしてから再び抱き合い、余韻を楽しんだ。

 

 

「気持ちよかったね」

 

 

「ありがとう・・・気持ちよかった・・・」

 

ぼーっとした頭で、僕は彼女に感謝を伝えた。

 

 

 

前日に負った心の傷は
彼女のおかげで完全に癒されていた。

 

 

 

●感想

〇みさんは安定感のある良嬢といった感じであった。

 

何をしても笑って許してくれるような優しい雰囲気を持っており
(もちろん、女の子に嫌な思いをさせることはしてはいけない)
関西出身の僕と話が合ってすごく楽しかった。

 

彼女は何か辛いことがあった時に入ると
癒されるので、オススメである。

 

僕も彼女を選んで正解だったと思う。

 

 

今回は50分コースであったが、お風呂がシャワーのみだったので
ベッドでのプレイ時間を60分の時と同じぐらいとることができた。

 

前日に射〇している状況だったため、
焦ることなくプレイできたことから考えても良かったと言えるだろう。

 

 

 

☆評価

総合満足度:4.7点/5点
ルックス:4.7点/5点
スタイル:4.5点/5点
サービス:4.7点/5点
嬢の印象:安定感があって優しい・京都弁が心地よい

-ソープ体験記


comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第31回メイドマスター「みや〇」

職場での休憩中、 僕は同僚とダイエットの話をすることがある。     「今年の夏は海に行きたいから5キロ減量する!」とか 「痩せてるのに大食いの人の体ってどうなってるんだろうね」と …

ソープ体験記・第40回ハニーコレクション「白雪姫(仮名)」

王妃は魔法の鏡に問いかけました。     「鏡よ、鏡、世界で一番美しいのはだぁれ?」     鏡は答えます。     「お妃様、あなたが世界 …

ソープ体験記・第14回ハニーコレクション「コト〇」

人間とは愚かな生き物だ。   多くの人が“時”など全く気にしていない。 1秒1秒が持つ時間の価値を考えず 常に時間は無限にあるものだと思い込んでいる。   だが、そうした状況は “ …

ソープ体験記・第61回ドルチェ 川崎校「あ〇り」

(うーん・・・これは困ったな・・・)       僕は悩みに悩んでいた。   これまでブログを書いてきて 満足度を決めることができなかったことは一度もない。 & …

ソープ体験記・第18回ハニーコレクション「ク〇ミ」

子どもは時に大人が答えにくい質問をしてくるものだ。     「ねえ、パパ、SとMってなに?」   こう聞かれたらどうするか?     「その話はお前に …

Author:DJ GACKTON

格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。