童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

脱童貞

脱童貞を目指す(その15)

投稿日:2017年8月16日 更新日:

人間は誰しも歳をとれば勃起力が低下する。
これはやむを得ないことだ。


僕も30歳を過ぎた頃から
オナニーの際の勃起持続時間が
昔よりも短くなってきていることに気づいた。


ドラッグストアにいけば
多くの種類の精力剤(絶倫◯◯といったドリンクなど)
が売られているが、それらの効果は
あまり期待しない方がよい。
(医薬品に関しては多少の効果は期待できる)


そんなわけで僕は勃起不全(ED)治療を
専門とするクリニックを受診したのだった。


クリニックではまずはじめに問診票を記入し
その後、医師の診察を受ける。
(診察では性器を見せたり、性生活について
詳しく聞かれたりすることはない)


2~3分話をして、どのような治療薬を
選択するか決めるわけだが
勃起不全(ED)治療薬には
大きく分けて以下の3種類がある。

 


1:バイアグラ(クエン酸シルデナフィル)
最も有名なED治療薬であり
薬効は5時間程度持続する。
性行為約1時間前に服用。
(空腹の状態で服用する必要あり)
勃起の硬さがでやすい。

 


2:レビトラ(塩酸バルデナフィル)
薬効は5時間程度持続する。
(20 mgの場合は約10時間持続)
即効性があり、性行為約45分前に服用。
勃起の硬さがでやすく、刺激に対して
鈍感になる。すなわち早漏対策に有効。
3種の薬剤の中で薬効は最強。

 


3:シアリス(タダラフィル)
薬効は24時間程度持続する。
(20 mgの場合は約36時間持続)
性行為約150分前に服用。
バイアグラ、レビトラと比較して
効果はマイルドであり、自然な勃起となる。
また食事による影響を受けにくい。

 

 

これら3つの薬剤の中で
個人的におすすめなのは「シアリス」である。


ED治療薬は服用すると顔のほてり、頻脈などの
副作用が出やすいが、シアリスはそれらの
副作用が比較的でにくい。
(それでも頭がぼーっとしたりする場合もある)


また、勃起が自然な感じで起こり
僕がED治療薬を使用していることを女の子に
疑われたことはこれまで一度もない

(女の子に「元気いいね」と言われたことはある)


またクリニックによっては
精神安定剤(デパス:エチゾラム)も処方してくれる
場合があるが、どうしても初のソープが
不安であるならば服用していくのも1つの手である。


ただし、精神安定剤を服用すると
冷静になり過ぎてしまい、セックスにおける
興奮が起こりにくくなってしまう
ので
やむを得ない場合を除いて服用は
あまりお勧めしない。

 


さて、ここまで非常に長かったが
次回からいよいよソープ直前対策について
書いていこうと思う。


この直前対策についてしっかりと書いてある
サイトは僕が調べた限り、ほとんど存在しないので
ソープ突入前に念入りに読んでおいてもらいたい。

 

 



→脱童貞を目指す(その16)へ

-脱童貞


comment

CAPTCHA


関連記事

脱童貞マニュアル編の補足説明

こんばんは、DJ GACKTONです。 突然ですが、ブログタイトルを変更しました。 今後は「童貞のための吉原ソープ体験記」として 頑張っていきますのでよろしくお願い致します。 ちなみに当ブログはこれま …

脱童貞を目指す(その11)

コミュニケーション能力が改善されたなら 次はいよいよセックスに備えた体づくりを開始する。 僕の想像では、コミュ障レベルの童貞の場合 そもそもペニス自体がセックス可能な状態に なっていない可能性があるよ …

脱童貞を目指す(その14)

童貞をどのように定義するかにもよるが ほとんどの童貞は挿入すら未経験 であると思われる。 ソープで脱童貞をする場合、 正直に自分が童貞であることを 女の子に伝えさえすれば 女の子がリードしてくれるので …

脱童貞を目指す(その10)

ここまでマニュアル通りに課題をクリアしてきた あなたは、きっとこれまでの自分とは違った感覚を 持っていることだろう。 容姿が改善されたのであれば、 次はコミュニケーション能力だ。 一般にソープランドに …

脱童貞を目指す(その19)

脱童貞の日まであと数日に迫ると 不安と期待で押し潰されそうになる。 「このままソープの予約をとらなければ いつも通りの平穏な日常が待ってるんだよな・・・」 「だったら予約なんてするのやめようかな。。。 …

Author:DJ GACKTON
格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。