童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第3回ハニーカンパニー「み〇く」

投稿日:2017年9月11日 更新日:

「2回戦はどうする?」


彼女がこう聞いてきたので
僕は言った。


「さっきと同じ感じで」
「ひょっとしたらイケないかもしれないから
時間なくて最後ダメなら手でやっていいよ」

 


「わかった」


と一言いうと、
彼女は僕の乳首を舐め始めた。

 


(気持ちいい・・・・)

そう思っていると
彼女は思わぬ行動に出た。


僕のペニスを
手でしごき始めたのである。


はじめは前戯として
手で刺激しているのかと思ったのだが
どうやらそうではない様子。


(えっ・・・たしかに手でやっていいって
言ったけど、それはイケない場合に
限ったことであって・・・)


心の中でそう思ったが
「手コキ」は止まらない。


僕の思考は
彼女の乳首舐め手コキの前では
成す術がなかった。


「手コキはダメだ、やめてもらわないと!」


という考えが頭に浮かぶものの、
乳首舐め手コキの凄まじい快感により
一瞬で思考は雲散霧消してしまう。


「左の乳首が気持ちいいの?」


彼女はそう言ったが
僕の思考回路は完全に停止しており
何も答えることができない。

 


「ぅぅ・・・ぁうぁぁ・・・」

 


僕は寝返りを打つようにして
彼女の乳首責めから逃れようとするが
それがすぐに無駄な抵抗であることを知る。


彼女はまるでレスリングの選手のように
僕の体の動きを封じていた。


僕が唯一できたことは、首を動かして左を向いたり
右を向いたりすることだけだった。

 


●女の子について


今回遊んだのはハニーカンパニーの
「み〇く」さん。


彼女のことは知ってる人も
多いと思うんだけど、
ハニカンの中では「も〇」さんや
「さ〇み」さんと並んで
かなり有名な嬢なんだよね。


彼女は予約がとりにくいことで
知られており、たとえ予約をとれたとしても
突然キャンセルになってしまうことも
しばしば。


僕も3回目のチャレンジで
ようやく彼女に入ることができた。

 


ルックスに関してなんだけど
実はこれが何て言っていいのか
非常に難しい。。


彼女を「吉原でトップレベルの美人だ」
と絶賛する人は少なくないんだけど
正直言って僕の好みではない。


たしかに彼女は綺麗系の
美人だとは思うんだけどね。


ちなみに僕は「可愛い系」の女の子
(例を挙げるとするならば
乃木坂の「齋藤飛鳥」さんあたり)
が好みのタイプだ。


要するに、彼女のルックスに対する好みは
人によって大きく異なる
、ってこと。


僕が綺麗系の女の子を苦手としている
ってのもあるんだけど、
「人によって」好みがわかれる
もっと大きな原因は
彼女が少し日本人っぽくない
顔をしている
点にある。


ただし、彼女がハーフだとか
クォーターだとか言っているわけではない。


あくまで雰囲気的にそんな感じで
芸能人で言うと「ダレノガレ明美」に
近いといえるかもしれない。


年齢はおそらく20代後半。
スタイルは胸も結構あり、
女性らしいセクシーな
体つき
をしている。

 


●サービスについて


接客はサバサバお仕事系かと
思いきやイチャイチャ系の部分も
混じってたりしてよくわからないんだよね。


僕の場合、プレイが終わった後になって
イチャイチャモードに突入したので
ひょっとしたらお客さんとの
距離感だったり、慣れだったりで
異なってくるのかもしれない。


サービス全般はそこまで悪くはないんだけど
キスが表面的(消極的というわけではない)
なのがマイナス評価。


会話に関しては積極的ではあるんだけど
面白さがあまりないのでやや退屈に
感じてしまった。

 


●感想


彼女もやはりハニカンで
上位にランク入りし続けているわけで
ソープでの仕事に慣れてしまっている
感は否めない。


そしてその「慣れ」が
良くない方向へと
向かってしまっている気がする。


ハニコレに在籍していた
2015年頃の彼女は今とは接客が
だいぶ異なるのではないか、
と僕は想像している。


不可能ではあるけれど
昔のみ〇くさんに一度
入ってみたかったなぁって
僕は時々思ってしまうのです。

 


☆評価
総合満足度:2.9点/5点
ルックス:3.5点/5点
スタイル:4.3点/5点
サービス:2.8点/5点
嬢の印象:セクシーさを醸し出す体つき・美人

-ソープ体験記


comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第69回ハニーコレクション「母ちゃん(仮名)」

あの日の夜、僕は悪夢をみた。     カーテンが開かれると そこに立っていたのは、パネルとは完全に別人の女性。   その姿からは、女手ひとつで何人もの子どもを育て上げた …

ソープ体験記・第10回ハニーコレクション「ワ〇ナ」

注意事項の説明が終わるとカーテンが開かれた。     目の前にはブレザーを着た女の子。       僕は彼女を見た瞬間、わずかな違和感を感じた。 &n …

ソープ体験記・第19回ハニーコレクション「ユ〇ノ」

僕は自分に自信を持てない子どもだった。     勉強はできる方ではなかったし、 スポーツだって得意ではなかった。   体も弱くて病弱。 メンタル面も強くはない。 &nbs …

ソープ体験記・第68回エレガンス学院「川〇」

あの人とは「波長が合う」とか「波長が合わない」という 言い方を耳にする機会はよくある。   ここでの「波長が合う」というのは どのような意味なのか、考えたことがあるだろうか?   …

ソープ体験記・第76回FORTUNE「〇わ」

“メイドカフェ”と言われて僕がすぐに思い浮かべるのは 「@ほぉ~むカフェ」と「めいどりーみん」の2店だ。     「@ほぉ~むカフェ」は15年前にオープンして以降 秋葉原の超定番メ …

Author:DJ GACKTON

格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。