童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第40回ハニーコレクション「白雪姫(仮名)」

投稿日:

王妃は魔法の鏡に問いかけました。

 

 

「鏡よ、鏡、世界で一番美しいのはだぁれ?」

 

 

鏡は答えます。

 

 

「お妃様、あなたが世界で一番綺麗です」

 

 

その言葉に、満足そうな笑みを浮かべる王妃。

 

 

そんなある日、王妃がいつものように鏡に問いかけると
鏡はこう答えました。

 

 

「お妃様、あなたがここでは一番綺麗です。
でも、白雪姫の方があなたの1000倍綺麗です」

 

 

これに怒り狂った王妃は白雪姫を亡き者にする決意を固めます。

 

リンゴ売りのおばあさんに変装した王妃は
森に暮らす白雪姫を訪ね、毒リンゴを食べさせました。

 

 

「おーほっほっほ、いい気味ですわ」

 

高笑いをする王妃。

 

これにより、意識不明の重体に陥った白雪姫でしたが
偶然通りかかった王子がすぐに救急車を呼ぶことで
病院へと搬送され、一命をとりとめました。

 

のちに王妃は逮捕され、白雪姫に毒リンゴを食べさせて
殺害しようとした罪に問われます。

 

ところが、裁判で王妃は

「私は白雪姫なんかに会いに行っていません」と

犯行を全面否定。

 

 

一方で白雪姫は証人喚問でこう話します。

 

「リンゴ売りのおばあさんからもらったリンゴを食べると、
急に胸が苦しくなって意識が朦朧としてきました。
その時に聞いたおばあさんの高笑いの声は王妃の声でした」

 

 

犯行に使われたリンゴからは王妃の指紋は検出されていません。

 

また、毒が回って意識が朦朧とする中、犯人の高笑いを王妃の声であると
判断できたのかについても疑問が残ります。

 

 

果たして王妃は無罪になってしまうのでしょうか?

 

 

 

つづく・・・

 

(昔話法廷“白雪姫”裁判 より)

 

 

 

 

 

●女の子について

 

今回遊んだのはハニーコレクションの
とある女の子。

 

彼女はすでにお店を退店しているため
嬢名を伏せて“非公表”とすることにした。

 

ただ、この記事では名前をつけなければ書きにくいため
便宜上、彼女のことを“白雪姫”と呼ぶことにする。

 

 

それでは、まずはルックス。

 

白雪姫のルックスは可愛い系ではなくキレカワ系であり
美人ではあるが“きつめ”のお顔をしている。

 

ロリっぽさはほとんど感じられず
僕の好みとは違うがルックスレベルは高い。

 

 

次にスタイル。

 

彼女のスリーサイズはB88(F) W55 H84であり
身体の細さは当ブログ基準でいうと4.8点の評価に相当する。

 

胸はかなり大きく、形も素晴らしい。
Fカップ表記も納得できるレベルである。

 

なお、白雪姫は僕がこれまで入った
“ハニコレ嬢おっ〇いランキング”で第2位にランクインする。

 

ここまで痩せていて胸が大きい嬢は格安店ではおろか
高級店でもほとんどいないであろう。

 

 

 

●サービスについて

 

部屋に入るとすぐに僕の服を脱がせてきた。

 

お風呂場では一瞬だけ胸をつかったボディ洗いがあったが
ほんとに一瞬だけであった。

 

浴槽内では潜望鏡はなく、話をするのみである。

 

 

ベッドではまず彼女の方からDKを行ってきた。

 

ただ、キスは浅く(舌の先がちょろちょろ触れ合う程度)
嫌がるそぶりは見せないが、積極的とは言えない。

 

まず最初にこちらの攻め。

 

浅いDKを行った後、彼女の最大の特徴である“美巨乳”を堪能するため
触ってみたり舐めてみたりした。

 

痩せていて、なおかつここまで素晴らしいおっ〇いを
持っている嬢に出会えることは滅多にない。
僕たちはそのような貴重な機会を逃してはならない。

 

その後、ク〇ニと指入れを行う。

 

白雪姫の反応としては、声は出してくれるけど単調
であるという印象を受けた。

 

 

おま〇こをたくさん舐めた後、攻守交替で彼女の攻め。

 

乳首を20秒ほど舐められ
15秒ほどフェ〇チオをされると
いつの間にかアソコにスキンが装着されていた。

 

 

「えっ?」と思ったが問答無用で騎乗位。

 

比較的速めの動きだったが
前戯が不十分(というかほとんどなし)であったため
気持ちよさは通常時の約1/3程度であった。

 

しばらくして正常位。

 

おっ〇いを触りながら、乳首を舐めながら
DKをしながら動く。

 

次にバック。

 

膝を曲げてバックの体勢になってもらうが
おま〇こが高い位置にあるため突きにくかった。

 

ここでも胸を触りながら動いた。

 

ラストに再度騎乗位。

 

やはり、気持ちよさが大きくないため
フィニッシュに至るまでに結構時間がかかった。

 

ただ、それでも白雪姫による前戯の時間がほぼ0であったので
15分ほど時間は余り、お話とお風呂で時間を潰すことになったのだった。

 

 

 

●感想

 

お風呂の際、シャワーにタオルを巻きつけてお湯を出す手法を
用いていたことから、彼女は高級店出身であると思われる。

 

また、スキンのつけ方の見事さからしても
ベテラン嬢であることは間違いない。

 

要するに白雪姫は高級店出身のベテラン嬢であるわけだが
彼女のような“手抜き”嬢はハニコレでは到底通用しない。

 

彼女の良さ(武器)はスタイル(胸)と顔のみであり
しかもその強力な武器を“使いこなせていない”どころか
“使おうとすらしていない”のである。

 

おっ〇いがなければ満足度は確実に2点台であった。

 

単にスタイル抜群&ルックス良好の嬢とHができれば
それだけで満足である、と言うのであれば入る価値は
あるだろうが、そのようなお客さんは少数派であろう。

 

 

1つ言えるのは、彼女はハニコレには向いていないということだ。

 

すでに退店してはいるが、ひょっとすると彼女も
それに気づいていたのかもしれない。

 

 

格安店とはいえ、ハニコレのレベルを甘く見ない方がいい。

 

人気嬢はそれなりの努力をしていることを忘れてはならない。

 

 

 

☆評価

 

総合満足度:3.2点/5点
ルックス:4.5点/5点
スタイル:4.9点/5点
サービス:2.6点/5点
嬢の印象:痩せているのに美巨乳・サービスに難あり

-ソープ体験記


comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第31回メイドマスター「みや〇」

職場での休憩中、 僕は同僚とダイエットの話をすることがある。     「今年の夏は海に行きたいから5キロ減量する!」とか 「痩せてるのに大食いの人の体ってどうなってるんだろうね」と …

ソープ体験記・第21回ハニーコレクション「〇ノ」

「女性は誰もが生まれながらにして女優である」     これは昔からよく言われるフレーズだ。 男は女性の嘘や演技を簡単には見抜けないのだという。   だが、果たしてこれは本 …

ソープ体験記・第50回エレガンス学院「保〇」

ポケモンの世界には“タイプ相性”と呼ばれるものがある。     たとえばゼニガメが「みず」タイプの技(“なみのり”や“バブルこうせん”)で 「ほのお」タイプのヒトカゲを攻撃すると「 …

ソープ体験記・第36回ハニーコレクション「〇ズ」

ベジータ『くそったれ!!貴様の力はそんなものか!!耐えてみやがれ!!』 トランクス『ガクトンさん、大丈夫です、僕がついてます。きっと耐えられるはずです!』 レイ『あなたはイカないわ・・・。私が守るもの …

ソープ体験記・第66回アフタースクール「〇な」

DJ GACKTONは悪 だった。           昔の話だ。   僕はみんなに嘲笑され、虐げられながら生きてきた。   &n …

Author:DJ GACKTON
格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。