童貞のための吉原ソープ体験記

素人童貞DJ GACKTONがソープ嬢を評価します。またソープランドで童貞を卒業するまでの手順を詳しく説明します。

ソープ体験記

ソープ体験記・第45回ドルチェ 川崎校「〇ん」

投稿日:

うちの家の近くには“松屋”が2店舗ある。

 

 

店舗Aは駅から少し離れた大通り沿いに位置しており
店舗Bは駅のすぐそばにある。

 

僕がよく行くのは“店舗A”の松屋だ。

 

ちなみに自宅から近いのは“店舗B”の方なんだけどね。

 

 

なぜ“店舗B”ではなく“店舗A”に行くのか?

 

その理由は単純。
“店舗A”の方が美味しいからだ。

 

 

「は?松屋なんてチェーン店なんだから
どこも同じ味に決まってんだろ」

 

そう思う方もいるかもしれない。

 

 

僕も昔はこのように思っていたのだが、実際はそうではない。

 

“店舗B”の牛めしはご飯の一部がダマになっていたり
牛肉が妙に硬くなっていたり、盛り付けが雑だったりするのだ。

 

 

思えば“店舗B”は店員さんからしてダメだ。

 

お店に入っても「いらっしゃいませ」の一言もないし
カウンターの上に前の客の器がずっと置きっぱなしに
なっているのが頻繁に目に付く。

 

同じ松屋であっても店舗によってこうも違うのか
と驚かされる。

 

 

店舗Aと店舗Bではお店の忙しさが異なるのかもしれないが
ここで最も重要なのは働き手の心構えである。

 

すなわち、たとえ安価なファーストフードであっても
お金を払ってくれるお客さんにきちんとした商品やサービスを
提供しようとする気持ちや態度。

 

 

僕はなにも松屋に対して高級レストランや料亭並みの
味やサービスを求めているわけではない。

 

 

「ファーストフードなんだから客はガタガタ言わずに
出されたモノを食ってりゃいいんだよ」

 

そんな甘い考えは、もはや通用しないのである。

 

 

 

 

 

●女の子について

 

今回遊んだのはドルチェ 川崎校の
「〇ん」さん。

 

彼女に入ったのは入店初日だったんだけど
実はほぼ同時期に「〇ん」という嬢名の女の子が
2人入店したんだよね。

 

1人は胸がおっきくてすごく若い女の子、
もう1人は胸は普通サイズで若い女の子。

 

普通に考えて、後者より前者の嬢に入る人が多い気がするけど
僕はこれまでの経験を踏まえて、後者の嬢を選んだのだった。

 

 

それではまずはルックスについて。

 

「〇ん」さんのルックスは可愛い系というよりも
キレイ系であり、ミスユニバースの大会に出場していそうな
クオーターっぽいお顔をしている。

 

そのため人によって好みが大きく分かれると予想されるが
僕の場合は少し好みと違うように感じた。

 

最初に対面したとき「うーん、微妙かなー」と思ったんだけど
よく見ると美しいお顔をしていることがわかる。

 

 

次にスタイル。

 

スタイルは痩せているが「細い!」というわけではない。

 

胸は大きくもなく、小さくもないといった印象を受けた。

 

 

 

●サービスについて

 

手をつないで階段を上っているとき
僕はウソをついた。

 

 

「こういうお店、あんまり来たことなくて・・・(´・ω・`)
だからどうしていいのか、よくわからない・・・(´・ω・`) 」

 

 

すると彼女はこう返した。

 

「あたしも今日が入店初日だし緊張してるんだ。
おんなじだね」

 

 

 

部屋に入ると少しお話をし、何度か軽いキスを行った。

 

あまり話すと時間がなくなっちゃうから
とのことでお風呂タイム。

 

「せーの」でお互いのパンツを下ろし
洗い場へ移動。

 

洗う際にはしっかりとボディ洗いをしてくれて
「ねえ、おっ〇い触って」と言って胸を触らせてくる。

 

 

浴槽内では乳首舐めと潜望鏡。

 

体を洗ってもらうときに僕の乳首をさわさわしてきたんだけど
その際の僕の反応を見て、弱点があることに気づいたのだろう。

 

「〇ん」さんは浴槽内だけでなく、その後も
僕の乳首を徹底的に攻めてきた。

 

 

ベッドでは制服を着てもらい、まずは僕の上半身に軽くキス。

 

そしてフェ〇チオ&玉舐め。

 

 

攻守交替してこちらの攻めは
乳首舐めとク〇ニ。

 

 

スキン装着後も典型的な流れで
騎〇位、正〇位、バ〇クを行ったが
特に印象に残ったのが正〇位。

 

彼女は正〇位が一番気持ちいいそうで
僕が動くたびに大きな喘ぎ声をあげて
「イきそう!」と叫んでいた。

 

 

DKをしながら動いていると
「奥まで入れて」とつぶやく彼女。

 

僕を抱きしめるようにしてアソコが
奥まで入るように自ら動いてくる。

 

 

最後は騎〇位の高速激ピストンで果てたが
射精後も「もうイッた!ストップ!!」と叫ぶまで
動きが止まることは全くなかった。

 

 

 

●感想

 

「〇ん」さんは年齢的に若いが、
ルックスがキレイ系であるため、ロ〇感はあまり感じない。

 

よって今回は“若年ロリボーナス”の加点は行わない。

 

 

なお、彼女は10代の嬢にしてはサービスレベルが高く
精神的にも成熟している、という印象を受けた。

 

DKの濃厚さは標準よりわずかに上のレベルだが
かなり積極的ではある。

 

 

 

ソープで働いている女の子に
「エッチなことが好きだから働いてるの?」

 

なんてことを聞くと一発で「頭がイッてる客」に認定されるので
読者の皆さまには注意してもらいたいわけだが、
(まぁそんなこと言う人はそうそういないでしょうけど笑)

 

 

僕が思うに「〇ん」さんはエッチなことが
本当に好きそうな感じがする。

 

このようなタイプの嬢はかなり珍しく
僕もこれまで数人程度にしか出会ったことはない。

 

よって彼女はある意味貴重な存在であると
言えるかもしれない。

 

 

 

☆評価

 

総合満足度:4.4点/5点
ルックス:4.0点/5点
スタイル:4.4点/5点
サービス:4.4点/5点
嬢の印象:エッチなことが好きそう

-ソープ体験記


comment

CAPTCHA


関連記事

ソープ体験記・第79回エレガンス学院「桐〇」

「はぁ・・・」     僕は軽くため息をつくと 京急川崎駅に向かって歩き始めた。           稲毛神社近くのトイレで用を足 …

ソープ体験記・第87回全力!!乙女坂46「な〇こ(再)」

僕は知っていた。   彼女のことを。         僕は知っていた。   昔、遊んだことがある女の子だってことを。   &nbs …

ソープ体験記・第68回エレガンス学院「川〇」

あの人とは「波長が合う」とか「波長が合わない」という 言い方を耳にする機会はよくある。   ここでの「波長が合う」というのは どのような意味なのか、考えたことがあるだろうか?   …

ソープ体験記・第14回ハニーコレクション「コト〇」

人間とは愚かな生き物だ。   多くの人が“時”など全く気にしていない。 1秒1秒が持つ時間の価値を考えず 常に時間は無限にあるものだと思い込んでいる。   だが、そうした状況は “ …

ソープ体験記・第83回セレクション「Se〇〇ka」

店員さんから説明を受けた僕は 番号札を手に持って、一人で階段を上っていった。     こんなに胸が高鳴るのは久々だ。     階段中央でクルっと向きを変えて、ま …

Author:DJ GACKTON
格安ソープ良嬢発掘部隊・隊長
ソープランドにおける自らの体験をもとに
脱童貞を支援する活動を行っている。名前の
由来はこちらを参照してください。